◆少資金で起業できて一生雇われず権利収入を掴めるのはMLMだけ - 雇われない生き方 google-site-verification: google18049390e1cd0027.html

◆少資金で起業できて一生雇われず権利収入を掴めるのはMLMだけ

わし


一般に雇われて困ることのひとつは
定年があることですね。

元気で一生働きたくても働けないというのは
不自由な話です。

そこで雇われない生き方を考えてみると
起業するということがあります。

起業といっても現実にはこの記事のタイトルどおり
少資金で起業できて一生雇われず
権利収入を掴めるのはMLMだけです。


●MLM(ネットワークビジネス)の雇われない働き方とは

MLMに参加することはMLM主宰会社と
雇用関係を結ぶことではありません。

当然、出社の義務はありませんし上司から
指図されることもありません。

職場の人間関係に悩むということもありませんね。

会社から何かを強制されたり
ノルマを課せられたりすることも
ありません。

残業も、決められた休日も定年もありません。

雇われるのではありませんから
定額の給与が毎月支払われることはありません。

ただひとつの条件は会社の製品を愛用することです。

しかし製品を愛用しているだけでは
報酬が発生しません。

ビジネスや製品の情報を世の中に提供して
自分の流通組織を構築することで
報酬が発生するようになります。

●サラリーマンは気楽な稼業なんて時代は遠い昔

いまや努力がなかなか給与や賞与に
反映されにくいのが現実ではないでしょうか。

求人募集の広告にはほぼ必ず「昇給年1回、賞与年2回」と
謳われていた時代はとっくに終わりました。

そんな時代では特に大きな失敗などしないで勤めていれば
誰でも毎年給料は上がり続け、
必ず年2回の賞与が約束されていたのです。

しかし今になって、冷静に考えればあらゆる会社が
永久的に毎年業績を上げ続けることはないはずですが
当時は誰も不自然とは感じていなかったのです。

今では給料が上がる期待よりも
下げられる不安に悩むケースのほうが多いでしょう。

●自営業でも労働収入なら収入に限界がある

独立して自営業をしたいという人は
多いようです。

自営業も雇われない生き方のひとつではあります。

ある程度の資金を確保でき、
リスクを恐れなければ可能です。

雇われないからといっても
自営業は自由業ではありません。

仕事上の全責任は自分にかかってきます。

開業医や弁護士などには
高額所得者が多いでしょうが
自営業であることに変わりはありません。

会社員も自営業者も「労働収入」という点では
同じことです。

高額な稼ぎがあれば時間的な自由が少ない、
時間的な自由が多いということは仕事がヒマ
ということですから収入は少なくなってしまうのです。

最悪なのは収入も時間的自由も満足に得られない状況
ではないでしょうか。

労働収入であり続ける限り経済的自由と時間的自由は
両方同時に満たされることはないのです。

●労働収入から権利収入への移行を可能にするビジネス

MLMは個人事業主としてスタートします。

始めはやはり労働収入です。

何も保障はされませんが、ある程度の段階に至れば
努力は収入に反映されるようになります。

何もしなければその段階には達しませんし当然収入も
ありません。

しかし組織ができてきてレバレッジが働くようになれば
個人の仕事量を大きく上まわる収入へと変化していくのです。

(レバレッジについての参考記事はこちらからどうぞ)

この段階になればほぼ、労働収入から
権利収入に移行しているといえます。

組織がある限り継続して収入が発生するからです。

これが自分のネットワークを所有した状態であり、
ビジネスオーナー(Bクワドラント)になった
ということです。

この収入システムには上限はありません。

続けてやれば、やった以上の結果を生み出します。

ここにきて労働収入では不可能な、経済的自由と
時間的自由の両方が同時に満たされることになります。

通常の雇用における給与システムや自営業の労働収入では
このようなことは起こりえません。

●MLM企業と会員は共生・協調の関係にある

基本的に資本主義の雇用関係のなかでは
雇う側と雇われる側は利害が真っ向から対立します。

MLMは雇用関係ではありませんし、
会社と会員の間にこのような利害の対立は起こりません。

会員の努力の結果は会社の業績につながります。

会社の業績アップは、さらにより良い製品や
サービスの開発などにあてられ
社会や会員に還元されるのです。

企業と個人の関係が対立ではなく
共生・協調の関係にあるのは他にみられない、
このビジネスのユニークな点であると思います。







          ▼<オンラインMLM>の無料資料を申込む

             資料完 枠の 
             
             レポ300   



関連記事
渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply