◆MLMの組織力が生み出すレバレッジの仕組みとは - ネットワークビジネス(MLM)のレバレッジ google-site-verification: google18049390e1cd0027.html

◆MLMの組織力が生み出すレバレッジの仕組みとは

馬


ネットワークビジネスの特徴のひとつにあげられるのが
「レバレッジ」です。

聞きなれない用語ですがここでは
「レバレッジ」について書いてみます。

レバレッジとは梃子(てこ)の効果のことです。

梃子(てこ)とは、小さい力を大きな力に、
小さい動きを大きな動きに変える仕組み
ということができます。

●「レバレッジが効くからラクして儲かる」は嘘

この小さな力で大きな効果を発揮する原理の意味を
歪めて伝えるケースがあります。

例えば「ネットワークビジネスはレバレッジが効くから
簡単に儲かる。」などといった表現ですね。

ある程度の流通組織ができればレバレッジが働くのは
本当のことです。

それはネットワークビジネスの特徴のひとつであり、
特長でもあるのです。

しかし、これは「簡単に儲かる」ということでは
ありません。

そもそも簡単にラクして儲かるビジネスなどありません。

人を騙すような勧誘をしてうまくいったと思っても
勧誘された人が嘘に気づけばスグに辞めてしまい
徒労に終わります。

ビジネス云々の前に、正常な思考から外れた人を
いくら多く集めてもそれは烏合の衆にすぎません。

そのような組織は簡単に儲かるどころか
簡単に崩壊してしまうでしょう。

レバレッジは簡単に儲かる魔法の仕組みなどでは
ないのです。

●小さな一人の力を大きな力に変えるのは
組織力が生み出すレバレッジ


一人の労働には限界があります。

労働収入にはレバレッジは働きません。


一般の物販で例えると、

100人のお客さんがいれば「販売者―顧客」
という関係が100組できたということですが
それは組織でも何でもありません。

販売者が収入を得続けるためには
自分で新規顧客を獲得し続ける、
つまり「販売者―顧客」という同質の関係を
繰り返し増やし続けるしかありません。

お客さん同士にはもちろん何の関係も発生していません。

一人で100人の新規顧客をつくる労力と時間を
想像してみてください。

一方、個人と個人のつながりで流通を拡大していく
ネットワークビジネスでは100人のお客さんは
一人から始まった100人の流通組織となります。

100人のお客さんはお客というよりも
一緒に流通組織を拡大してゆく
パートナーです。

流通組織をつくるということは
100人のパートナーを
一人で新規開拓することではないのです。

一例で考えると、あなたがまず5人の
新しいパートナーをつくります。

その5人がまたそれぞれ5人のパートナーをつくる
と25人です。

25人がそれぞれ5人で125人の組織になります。

つまり1馬力→5馬力→25馬力→125馬力
ということですね。

そしてパートナーそれぞれが
自分から始まる組織拡大に努力しますから
組織はさらに拡大していきます。

これは「販売者―顧客」という
同質の関係が反復するのとは違い、
1人の力が組織力という大きな力に変化した
ということに他なりません。

これがネットワークビジネスのレバレッジであり
醍醐味なのです。

組織の収益を配分したものが
メンバーの継続収入となります。

●組織の成長が収入の飛躍に繋がり権利収入となる

ある程度流通組織が出来上がればこのレバレッジが
しっかり働くようになります。

そして組織が自己増殖しはじめます。

そうなると今までの労働集約型では経験できなかった
収入の飛躍が始まるのです。

組織労働の一部を集積的に自分が受け取ることが
できるようになるのです。

ネットワークビジネス(MLM)成功のキーワードは
『初期の集中力と粘り強さ』です。

飛行機に例えると、飛び立つまでは長い滑走路と
大きなエネルギーが必要でも、いったん空に舞い上がれば
小さな力で悠々と大空を滑空できるようになる
ということです。

レバレッジの醍醐味を味わうためには
テコでも動かないという強い信念も必要なのです。

●レバレッジは他にみられないネットワークビジネス独特のもの

ある程度のダウンラインができ組織が構築されれば
レバレッジが効き始め、組織が大きくなればなる程
その効果は大きくなります。

ネットビジネスの情報起業やアフィリエイトでも、
オフラインの仕事に比べれば、ある意味では効率的に
収入を上げていくことが出来るでしょう。

しかし働き続けなければ失速してしまいます。

これらのビジネスにレバレッジはありません。

ネットワークビジネス(MLM)は、このように
他にみられないレバレッジをもつ
優れたビジネスモデルなのです。
 






          ▼<オンラインMLM>の無料資料を申込む

             資料完 枠の 
             
             レポ300  



渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply