◆副業中でもビジネスオーナーとしての自覚をしっかり持つこと - ネットワークビジネス

◆副業中でもビジネスオーナーとしての自覚をしっかり持つこと

ポピー


ネットワークビジネスは副業から無理なく始められることも
魅力のひとつです。

フランチャイズで店舗ビジネスを始めることなどに比べたら
はるかに小資本、低リスクで始められるということができます。

一般的に新たにビジネスを始めるには資金だけでなく、
事前のマーケティング調査や準備期間なども必要となります。

事業が軌道に乗り利益が出るまでは無収入ですから、
その期間を凌ぐための蓄えも用意しなければなりません。

様々なリスクが考えられますが、
何よりも今までやってきた本業に見切りをつけて
転業する場合はまさに崖っぷちに立たされたような
相当なリスクを伴うのではないでしょうか。

新ビジネスが必ず成功するという保証はどこにもありません。

多くの人ができるだけリスクを避けるために、
本業を続けながら副業として始められるビジネスを考えるのは
妥当な事だと思います。


●ネットワークビジネスが副業として注目されるのは必然

ネットワークビジネスは、会社員でも自営業者でも、子育て中の主婦でも
副業として取組むことができます。

また、インターネットを使って集客するネットワークビジネス
<オンラインMLM>は基本的に完全在宅で仕事ができます。

ネットに繋がる環境であれば外出先や移動中でもできます。

小資本で始められ本業や家事、育児に差し障りのない
自分の好きな時間帯を選んで活動できることは
副業としてうってつけのビジネスなのです。


●軌道に乗せて本業への転換をはかる

ネットワークビジネスをずっと副業として続けることはもちろんできますが、
100万円以上の月収を望むなら、ある時点でネットワークビジネスを
本業にする必要があります。

ひとつの目安としていまある本業の収入を超えた時点で
検討するというのもあるかもしれません。

本業となれば自然とビジネスオーナーとしての自覚が
生まれるでしょう。

しかし副業で取組んでいる期間であっても
ビジネスオーナーとしての自覚は当然必要なのです。

それは、ビジネススタートの段階から全ての責任は自分にある
と自覚することです。

副業を隠れ蓑にしてはいけないのです。

本業を超える成果を達成するには副業意識ではなく
兼業意識を持つ必要があるといえるかもしれません。

本業が主で副業が従ではないのです。

なかなか結果が出ないのは本業が忙しくてとか、
副業だから今日の作業はこの程度でいいだろう、
などという副業意識が原因のケースも多いものです。

ビジネスオーナーとしての自覚、考え方ができていないと、
副業でも本業でも期待する結果は得られないのです。 



          

関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.