◆ネットワークビジネスは収入を継続して生み出すしくみに価値がある - ネットワークビジネス

◆ネットワークビジネスは収入を継続して生み出すしくみに価値がある

上昇


ネットワークビジネスで月収50万円、100万円を目標に
努力を続けることは間違ったことではありません。

しかし、目標設定は目標達成にかかる時間との兼ね合いも
考慮しなければなりません。

最初始めたばかりの時期に大きすぎる目標を設定しても
プレッシャーになるだけです。

いきなり夢のような、非現実的な目標を設定しても
達成できなければモチベーションが下がってめげます。

まずは月収3万円でいいのです。

たった3万円と思うでしょうが、多くの人にとって
これはゼロからスタートする何も知らない未経験の事業なのです。


●継続収入は労働収入の一時金とは価値が違う


労働力を提供して発生する収入は同じ3万円でも1回だけです。

当然ですが労働収入では次に収入を得るためには
再度労働力を提供しなければなりません。

ネットワークビジネスで継続して毎月3万円の収入を発生する組織が出来たということは、
預貯金が700万円あって、それを金利5%で運用して得られる毎月の収入と同等です。

それは継続する収入なのです。

これが月収3万円から5万円になるとどうでしょう。

預貯金1200万円相当です。

月収10万円なら預貯金2400万円、月収20万円なら預貯金4800万円に相当します。

そのように考えると毎月3万円の収入が継続して発生するネットワークの価値が
今までと違って見えてきませんか?

労働収入で3万円を得るために時給1000円のアルバイトをするなら
実質何時間必要でしょうか。

何年続けても、頑張ってもそれは変わりません。

毎月その収入を得るには毎月同じ労働を繰り返すことになります。

ネットワークビジネスで月3万円の収入達成ということは、
それ以降、「毎月その収入は続く」ということです。

組織が存続するならばその時点でビジネス活動をストップしても
収入は継続します。


●「収入を生み出す仕組み」が成長すれば限界のない権利収入に

さらにネットワークが大きくなることに努力を続ければ
ネットワークの価値は上がり、同時に収入も上がっていきます。

努力に対する見返りが期待できるということです。

そして、最初はゆるやかだった上昇がある時点を過ぎると
急上昇するのです。

それは組織が自己増殖を始めたことによって、
それまでよりもレバレッジが大きく効いてくるためです。

その先は加速度がつき等比級数的に飛躍していくのです。

具体的には初期段階での収入の伸び率がそのまま続くのでなく、
どんどんアップしてゆくということです。

これは夢物語ではありません。

現実に、多くの成功者の成果で実証されている
ネットワークビジネス特有のものなのです。

ネットワークビジネスの収入を生み出すしくみを理解すれば
その価値に納得することができるのではないでしょうか。 


          

関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.