◆貨幣の誕生は運命共同体の束縛を断ち、人に自由を与えた - 貨幣経済

◆貨幣の誕生は運命共同体の束縛を断ち、人に自由を与えた

お金.jpg

かなり前ですが何気なくTVを見ていたら、
こんな番組をやっていました。

アフリカのある村の映像。

若者が狩りにでて獲物を持ち帰り、
嬉々とした表情で肉を切り分けています。

切り分けた肉を近所の家に届けます。

受け取った男は、というと無表情。

嬉しそうには見えません。

ニコリともせず、もらって当然という顔を
しています。

表情からも態度からも感謝する気持ちなど
微塵も感じられません。

渡す若者もこれまた無表情。

相手の喜ぶ顔やお礼の言葉を期待しているわけでも
ないようです。

ほとんど会話もなく立ち去ります。

次の家で出てきたのは老婆。

これも同様の対応です。

こうして5、6軒の家に届けていきますが
相手はすべて同じような対応です。

単に無表情というよりは不遜な態度にさえ
見えます。

この映像は衝撃的でした。
ある種の不気味さを感じさせるものでした。

この不気味さを私の拙い文章力で伝えるのは
なかなか難しいのですが、まるで人の心を持たない人間か?
どんな人種だろう?という疑問がすぐに湧いてきました。

●貨幣経済のない社会とはまさに「一人では生きていけない社会」

途中で解明されるのですが
ここは貨幣経済のない村だったのです。

この若者は、今回は狩りに成功したのですが
成果のない時も当然あります。

成果がない時は逆に仲間からの施しを受けなければ
生きていけません。

貨幣を持たない村、アフリカに今もある
生活共同体の話だったのです。

これらのやりとりは彼らにとって日常の
ごく「あたりまえ」の風景でありいちいち感謝したり
喜んだりして見せる必要はないのでしょう。

貨幣のない社会では「個」と「個」、「個」と「集団=社会」の関係は
非常に濃いものとなるのです。

●貨幣の誕生が人間に個人の自由をもたらした

この若者が生きていくためにはこの運命共同体の束縛から
一生逃れることはできません。

もちろんこの若者だけではありません。

嫌だと思っても抜け出す自由はありません。
(抜け出すということは死に繋がります。)

しかし、貨幣経済が誕生することでこの社会から
離脱する自由が得られるのです。

現代人は貨幣経済により個人の自由がもたらされた
とこの番組は結んでいました。

今まで貨幣経済のない社会のことなど
深く考えたことはありませんでしたが、
この番組で考えさせられました。

確かに想像するとその不自由さに
ゾッとするものがあります。

私たちは貨幣経済の恩恵である種の自由は
得られたようですが、
かたや貨幣経済そのものからの束縛を日々感じてしまいます。

●権利収入があれば経済の束縛から自由になれる

経済からの束縛から自由になるためには権利収入が
必要になります。
多くの人にとって、この先1本の労働収入だけでは
リスキーな生活を強いられることになるでしょう。
<オンラインMLM>は少ない資本で
特別な才能がなくても努力の継続で権利収入をつくれる
唯一のものです。
 






          

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.