◆ブログ記事数が増えればアクセス数が上がるという思い違い - ブログ google-site-verification: google18049390e1cd0027.html

◆ブログ記事数が増えればアクセス数が上がるという思い違い

グラフ女

ブログ記事数とアクセス数の関係について書く前に
枕をひとつ。

これは長い間の思い違いだったと最近知り、ショックでした。

こういうことって聞いてもらいたくなりますよね。

◇◇◇◇

紫外線対策でサングラスをかける人は多いですね。

そこで何を基準にサングラスを選ぶか、です。

レンズの色が濃いほど紫外線を通さないと思いがちですが
色の濃さは基準になりません。

紫外線透過率が問題なのです。

紫外線透過率が高い、つまり紫外線をあまりカットしない
濃い色のレンズを使うと、逆に目を傷めてしまう可能性があります。

どういうことかというと、色の濃いレンズでは瞳孔が開きます。

目は暗いところでは瞳孔を開いてより多くの光を
取り込もうとするためです。

そのためサングラスをかけないときよりも
多くの光が取り込まれてしまいます。

その光は紫外線があまり抑えられていません。

濃い色のサングラスでも紫外線カット機能がなければ
逆効果だということです。

この思い違いは私だけでなくかなり多いらしいです。

さて本題です。

●「ブログ記事数を増やせばアクセス数が上がる」も
思い違いのひとつ


ブログ初心者がよく言われるのは
「100記事で脱・初心者」ですね。

初心者にしてみれば始めた矢先にいきなり言われたら
めげそうな数です。

実際私はめげそうになりました。

ブログをはじめても100記事にも満たず、
あるいは3か月もしないうちに辞める人が大多数といわれて
います。

現実は10記事や30記事でアクセスがくるということは
ほぼありません。

広い砂浜の中にある一粒の砂より存在感はないでしょう。

目安としてですが100記事まではアクセス数など気にする必要は
ありません。

「100記事からがスタート」ともいえます。

このあたりまではたしかにアクセスのために
記事数が必要と言えます。

しかしこの先は単に記事数を増やせばアクセス数が増える
と思い込むのは間違いです。

実際100記事を超えて、書いても書いてもアクセス数が伸びない
というケースはあります。

●記事数を減らしたらアクセス数が増えた?

アクセスの少ない記事を削除して記事数を減らしたら
アクセス数が増えたという事例があります。

これはどういうことかというと、
アクセスのない記事をただ増やしてもアクセス数は増えず
逆にサイト全体の足を引っ張るのでは?ということです。

アクセスのない記事とは読まれない記事、価値のない記事
ということですね。

価値がある記事とはユーザーが求める情報を
提供しているものです。

100記事を超えてスタートラインに立ったら
記事数だけにこだわるのは片手落ちだと考えましょう。

●アクセス数アップのために具体的に何をすればいいか

新しい記事を増やすことだけではなくて記事の価値を確かめながら
過去記事の見直しをすることも必要です。

場合によっては思い切って削除するということも考えられます。

クオリティを上げようとしていじるより一から書き直したほうが
早い場合もあります。

ある程度の数を書いてから過去のものを見直してみて
恥ずかしくなればシメたものです。

それだけ上達したという証ですから。

記事数がある程度になったら量の変化にともない
質の変化を心がけることも大切です。


          ▼<オンラインMLM>の無料資料を申込む

             資料完 枠の 
             
             レポ300  







 



関連記事
渡邉 順治
Posted by渡邉 順治