◆ネットワークビジネスのイメージが悪すぎる? - ネットワークビジネスのイメージ google-site-verification: google18049390e1cd0027.html

◆ネットワークビジネスのイメージが悪すぎる?

飛行機


●ネットワークビジネスはホコリにまみれたダイヤモンド

何と、ネットワークビジネスは、飛行機、携帯電話、
インターネットなどと並ぶ20世紀最大の発明のひとつ
と言われているのです。

しかしネットワークビジネスはその半世紀以上の歴史の中で、
無知、無理解、誤解、偏見にさらされ、
いわれなき悪評を背負わされてきました。

社会問題になった「ネズミ講」と
ネットワークビジネスを同一視する誤解、
悪徳企業の非合法活動とネットワークビジネスを混同する
無理解などいまだに根強いものがあります。

また、まともなネットワークビジネス会社であっても、
参加している一部のグループやメンバーが
ネットワークビジネスの評判を落とす行為を行ってきたのも
事実です。

「悪徳マルチ」、「マルチまがい商法」は当然違法ですが、
しっかり調べて理解しなければ健全合法な
「マルチレベルマーケティング(MLM/ネットワークビジネス)」
と区別できないのは仕方がないことかもしれません。

マスコミの報道もこのあたりをゴチャ混ぜにしているように
思えます。

そもそもマスコミは、広告をしない新しい流通システムである
ネットワークビジネスを受け入れたくないのかも知れません。

マスコミは広告収入で成り立っているからです。

●イメージと本質がいつでも一致するとはかぎらない

これからネットワークビジネスをやってみようと思っても
この悪評を聞いただけで躊躇してしまうことも
あるかもしれません。

あるいはすでに活動していて、このいわれなき悪評の風圧に
飛ばされそうになることがあるかもしれません。

しかし、イメージがどうであれネットワークビジネスの価値が
20世紀最大の発明のひとつであることに変わりはないのです。

合理的流通手段の発明(発見?)により、大資本を必要とせずに、
特別な才能なしで、年齢・性別に関係なく、努力に見合った収入と
時間的自由を得る方法はそれまでなかったのです。

ネットワークビジネスのダイヤモンドとしての価値が
ここにあるのです。

20世紀に発明され口コミだけで発展してきたネットワークビジネスも、
21世紀に入りインターネットとの融合をはたしました。

21世紀はまさにネットワークビジネスの新時代だと
言えるのです。

いまではイリノイ大学をはじめソウル大学などでも
ネットワークマーケティングの講座が開かれているそうです。

そうはいってもネットワークビジネに対する無知、無理解、誤解、
偏見がそう簡単になくなることは考えにくいですが、そんなことは
あくまでもイメージであって本質ではありません。

ネットワークビジネスを正しく理解するには、ホコリに覆われ、
隠されているネットワークビジネスの本質、本当の価値を
学ばなければなりません。



          ▼<オンラインMLM>の無料資料を申込む

             資料完 枠の 
             
             レポ300  







 



渡邉 順治
Posted by渡邉 順治