◆「飛躍的」成功という言葉にだまされないために - ひとりごと

◆「飛躍的」成功という言葉にだまされないために

飛躍女 

「飛躍的」成功とは、何かを始めたらすぐに成功した、

結果が出たというイメージでしょうか。

 

「飛躍的」という言葉は憧れの言葉のようです。

 

しかしこの一見魅力的な言葉ですが、ちょっと深く考えてみると

多くの人がだまされているような気がします。

 

●「いつか」という日はいつか来るのか?

 

何もしないで「いつか」という日が来るのを待つことは

現実逃避にすぎません。

 

いつか時間ができたら~とかいつかスキルが身についたら~、

という考えは成功に背を向ける思考です。

 

「いつか」という日は存在しません。

 

あるのは「今日」だけです。

 

明日になれば明日が今日になり今日は昨日になります。

 

その先もずっとその繰り返し、生きているのは過去でも未来でもなく

現在、今日だけです。

 

いつか「飛躍的」成功が訪れる、そんなことはありません。

 

人生はお伽噺ではありませんから。

 

●成功者は宝くじに当たらないとは?

 

宝くじを買って当たったらそれは「飛躍的」成功でしょうか。

 

成功者は「成功とはたまたま転がり込んでくるものではない」

という真実に気づいています。

 

ですから宝くじを買わない、だから当たらないということです。

 

今回はずれたから次も買ってみよう、それもはずれたら、

借金してでも当たるまで買い続けるぞ!

 

これは「成功するまで諦めない」と似ている気がしますが

全く違います。

 

宝くじの当たり外れは他力本願、本人の努力とは

全く関係のないことです。

 

何もしないで「飛躍的」成功が訪れるのを諦めずに待つだけなら

宝くじのほうがマシかもしれません。

 

●アームストロングの「小さな一歩」

 

アポロ1号で月に行き人類初の月面を歩いた男の言葉ですね。

 

しかし「小さな一歩」は人類にとっては非常に大きな

偉大な一歩でした。

 

本当の「小さな一歩」とは人間が月に行くには

どうすればいいかという構想を最初に練り始めたことです。

 

そしてそれに続く天文学的な数の「小さな一歩」が積み重なって

あの1969年の偉大なる「小さな一歩」として実を結んだのです。

 

●「飛躍的」成功に憧れ、崇拝するのはナンセンス

 

成功に限らず「飛躍的」に思われるような結果は

突然起こるわけではありません。

 

突然そうに見えていてもそうなる前に長い間の

小さなことの積み重ねがあったということです。

 

結果だけを見ていてはだまされ続けることになります。

 

スポーツ、生活、仕事、遊び、どんな場面であれ

勝つか負けるか、成功するかしないかを分けるのは

ほんの少しの差です。

 

しかしその差を生みだすのは時間をかけた小さなことの

積み重ねなのです。

 

(参考文献:きこ書房「スライトエッジ」)




          
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.