◆人生100年時代の経済的不安はネットワークビジネスで解消 - ネットワークビジネス google-site-verification: google18049390e1cd0027.html

◆人生100年時代の経済的不安はネットワークビジネスで解消

パソコンと老人 


長寿国日本人の平均寿命は男性80.75歳、女性86.99歳です。(2015年)

 

そして今後もさらに伸びていくでしょう。

 

2007年生まれの子供の半分が107歳まで生きる

という研究もあるようです。

 

人生100年時代ではこれまでの人生モデルが通用しない

 

いわゆるサラリーマンの場合定年がひとつの節目でした。

 

退職後の資金に当てられるある程度の退職金が見込める人は

どれほどいるのでしょうか。

 

年金は少子高齢化によって受給開始年齢は引き上げられ

受給額の減額も考えられます。

 

高齢化による医療費の自己負担増大もありますね。

 

人生100年時代を生き抜く新しい人生設計が

必要になってくることは目に見えています。

 

●最大の問題は経済的不安をどう解消するかということ

 

お金の問題を抱えたまま長く生きる人生は

誰しも考えたくないものです。

 

しかし雇われている以上は

いつか定年を迎えることになるでしょう。

 

もはや会社も国もあてにはできない時代なのです。

 

定年後の収入はどうするのか、その時がきたら考える

というわけにはいきません。

 

自分の身は自分で守らなければなりません。

 

せっかくの長寿を素直に喜べない時代なんて、

悲しいことですね。

 

ご年配の人に「どうぞ長生きしてください」と気安くいうのも

憚られるような気がしてしまいす。

 

人生100年時代は今までの経験が通用しない、予測困難な時代

 

人生100年時代の社会の変化は単に長寿になるということだけでなく、

色々な新しい問題が複雑に絡み合っているようです。

 

こんな急激な環境の変化はまさに人類始まって以来のことのようです。

 

リクルートの市場も大きく様変わりをしています。

 

AI(人工知能)の進化やインターネットの発達よって

消えてしまう職業があったり新しいものがでてきたり。

 

私の身近でも、よく行くスーパーのレジ半分が無人化しました。

 

もうすでに新聞の記事をAIが書いているというのは

驚きの事実です。

 

これからの時代はAIに出来ない、人間にしか出来ないコトで

収入を得る方法を考えなければならなくなりそうです。

 

●ネットワークビジネスは「思い立ったが吉日」

 

そんな時代の変化をいつまで憂いていても状況は何もかわりませんね。

 

頭では分かっていても身体が動かない、というのでは

人生100年時代を楽しく生きていくことはできないでしょう。

 

今から何か行動を起こさなければ、

将来は今より悪くなっていることがほぼ想像できます。

 

ネットワークビジネスが年齢・性別を問わずにでき、

少資金で起業できるということは、気づいたときからすぐに、

今からでも始められるということです。

 

そして一生涯できるということは、

人生100年時代にもってこいのビジネスなのです。

 

せっかくの長寿化、人生100年時代を心豊かに健康で元気に

明るく生きていきたいものですね


          ▼<オンラインMLM>の無料資料を申込む

             資料完 枠の 
             
             レポ300  




関連記事
渡邉 順治
Posted by渡邉 順治