◆ネットワークビジネスがもたらす本当のリッチとは - ネットワークビジネス

◆ネットワークビジネスがもたらす本当のリッチとは

フルーツと泡 

リッチといえば一般的に、「金持ちの」、「裕福な」、「豊かな」
といった経済的な意味合いが強いかもしれません。

もちろんそういった場面で使われることが多いでしょうが、
リッチには6つのリッチがあります。

■マネーリッチ:金銭的、経済的に裕福であること

■マインドリッチ:精神的な豊かさを持ちプラス思考でいること

■タイムリッチ:自由な時間を持てること

■フレンドリッチ:お互いを高めあえるような友好的な人間関係があること

■ビューティーリッチ:いつでも、いつまでも若々しく、美しくいること

■ヘルスリッチ:いつでも、いつまでも健康でいられること

これらが揃ってはじめて本当にリッチだと言えるのでは
ないでしょうか。

例えば高額所得者で経済的にはリッチであっても、
朝から晩まで年中多忙で自分の時間も家族との時間も持てない、
あるいはホームレスのようにいくらでも自分の時間は持てるが
お金はないし、いつも健康や将来への諸々の不安をかかえて生活している。

また、いくらお金を持っていても重病で寝たきりではどうでしょう。

このような状況を本当のリッチとはいえないのです。

そして本当のリッチとは自ら求めなければ得ることができないものです。

何もしないでいてどこかからやってくるということはありません。

ネットワークビジネスである程度自分の組織が出来上がれば、
マネーリッチ、タイムリッチ、フレンドリッチの三つを
実感できるようになるでしょう。

●労働収入オンリーの発想から卒業しなければ本当のリッチは掴めない


6つのリッチがあるといってもやはりマネーリッチは
ほかのリッチのベースになるものでしょう。

いうまでもありませんが、お金は人生のあらゆる場面に
かかわりを持つものだからです。

例えばある病気にかかって特別な医療を受けなければ完治しない
というような場合、お金がなくてそれが受けられないとなると
ヘルスリッチは満たされません。

ではマネーリッチを得るためにはどうすればいいのか。

労働収入の考え方に縛られているうちは、会社を替えようが
職業を替えようが自分の労働力を誰かに提供して対価を得る
ということに変わりはありません。

労働力と拘束された時間を相手に売り渡さなければなりません。

つまり労働収入ではマネーリッチとタイムリッチが
同時に満たされることは不可能なのです。

ネットワークビジネスは自分の労働力、時間を自分に投資して、
お金を生み出すシステムを作ること(権利収入)です。

たとえるなら、労働収入とは地下鉄を掘って日当をもらうことであり、
権利収入とは地下鉄を作って運賃をもらうことです。

労働収入はすぐ稼げますが限界があり、収入を増やすためには
その分時間を失いますからマネーリッチとタイムリッチは両立しません。

一方権利収入ではお金を生み出すシステムが完成するまでは
たいへんですが、ある程度完成したところから
収入が発生しはじめます。

その後は自分で構築した流通組織の成長に伴って、
限界なく収入も増大していきます。

自分のためにシステムが稼ぎ続けてくれるということです。

一般的に権利収入のシステムを作るためには
莫大な初期投資が必要です。しかしネットワークビジネスの場合は、
莫大な投資を必要としません。このことが最大の魅力のひとつなのです。




          
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.