◆ネットワークビジネスのチーム選択は最重要! - ネットワークビジネス

◆ネットワークビジネスのチーム選択は最重要!

海


ネットワークビジネスには今までの口コミ集客のものと、
インターネット集客が許されているものがあります。

どちらにしてもビジネスに参加するためにはチームを選択し
会員登録しなければなりませんね。

ここで意外と見落としているのがチームの質、内容なのです。

紹介者を気にいって入ったら実はとんでもないチームだった。

チームなんて紹介者のチームに自動的に組みこまれるんでしょ、

などという感覚ではダメです。

アップは勿論ですがそれ以上にアップの所属するチームを
調べなければいけません。


●ひとつの主宰企業にいくつものチームが活動している

製品が素晴らしい、会社が素晴らしい、アップは本当にいい人で…。
でもちょっとまだ入会はお待ちください。

ムードに酔って気軽に入会するのはまだ早いのです。

ネットワークビジネスという初体験のビジネスを
あなたは一から学んでいかなければならないのです。

始めはアップのいう事を良く聴いてまねることからになるでしょう。

ビジネス活動を進めて行くと様々な問題が起こってきます。

「よくある質問」の答えを見て解決できるようなものだけではありません。

直アップのレベルにもよりますが神様ではありませんから
直アップでも手を焼くようなものも当然あります。

そんなときに何もしてくれない、できないようなチームでは
成功などおぼつかないでしょう。


●正当、正攻法のノウハウと最新の教育システムを持っていること

チームのリーダーは正当、正攻法のノウハウを持っていなければなりません。

ネットワークビジネスを正しく理解して実績を上げ、
それを正確に伝える力を持った人ですね。

そのようなリーダーが多く集まったチームなら
信頼して安心してついて行けるでしょう。

新しく入会するメンバーさんには様々なレベルの人がいます。

性別も、年齢も、経験も、境遇、現状もみな一人ひとり違います。

初心者から中級、ベテランまでどんなレベルにも対応できる
最新の教育システムとノウハウが確立されていることが重要なのです。

特にインターネットの世界はめまぐるしく常に変化を続けています。

そんな中で、教育システムやノウハウがあるといっていても
チームのエグゼクティブ(幹部)が慢心してそれ以上の進化をやめてしまい
今では使い物にならないということもあるのです。


●<オンラインMLM>はリアルの顔が見えないから不安

「インターネット(オンライン)で集客するネットワークビジネス」、
これは呼称として長すぎるので僕は<オンラインMLM>といっていますが
まだまだ一般的ではないようです。

話がそれましたが、<オンラインMLM>はもじどおり
インターネットを通じてのコミュニケーションが中心です。
(リアルでの活動も可ですが)

これは相手の顔が見えず声も聞こえません。

この点は対面のコミュニケーションに比べて不利なことは確かです。

それを補うために少し時間もかかるということです。

<オンラインMLM>に興味をもったら資料請求し、電話、スカイプなどで
納得するまで話をするということもお薦めします。

場合によってはリアルに会ってみる、それくらいの気持ちも必要かもしれません。

あなたの将来に関わる重大な決断のためには…。


●残念ながらやってみなければ本当のところは分らない

ここまで読んできて、いまごろ酷いことを言うと思われたかもしれません。

しかし実際のところ、やってみなければ本当のところは分らない、
なのです。

特に何も知らない初心者なら新しい世界のことをいろいろ調べようとしても
限界があるでしょう。


実は、僕は今しているビジネスの前にひとつ苦い経験をしています。

資料請求しメールで質問などいろいろやりとりして
不安もありましたがかなり納得して登録しました。

最初の1カ月はマニュアルを読んだりインターネットの集客やらなにやら
勉強したりして過ぎました。

実際に本気でやり出しましたがほとんどフォロゥがないのです。

与えられたウェブページは大正時代か?と思われるような陳腐さ。

「顧客獲得システム」と「最高の教育システム」があると謳っていました。

騙されたようで腹がたちましたが文句もいわずやめました。

アップを気に入っていましたがいかんせんチームがダメだったのです。


でも安心してください。そんな目にあってもネットワークビジネスなら
カンタンに辞められます。
ダメなチームだと感じたらさっさと撤収したほうが賢明です。

その時は少し授業料払って損した気分になりましがそのお陰で少し
目が肥えたようです。

その結果今のアップに、チームに巡り合えたと思って感謝しているのです。


最後に細かい事ですが主宰会社の条件とは別に
チームで独自に条件を設けている場合があります。

それがいいか悪いかは分りませんが全ては自己責任です。

こまかいところまで慎重に検討されることをご忠告しておきます。

          
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.