◆お金が儲かりさえすればビジネス?稼ぐ意味はそれだけじゃない - 「稼げる仕事」とは

◆お金が儲かりさえすればビジネス?稼ぐ意味はそれだけじゃない

お金


お金、ですね。貨幣経済が始まってから今日までそしてこれからも
誰にでも一生ついてまわる問題、ですね。

お金とビジネスと稼ぐことについて考えてみます。

●お金についての4つのコト

アメリカではお金に関して4種類のあることを実践的に教育するといいます。

それは、貯める(save)、使う(spend)、譲る(donate)、増やす(invest)、
です。

この4つをそれぞれバランスよく配分すれば人は幸福になれるし
それが正しい市民倫理だといいます。

「貯める」というのは、元本保証の金融機関に金を預けておくことであり、
もっとも確実ですね。

しかしインフレなどで実質的な価値が減るというリスクは
ついてまわります。

つぎに「使う」ことです。お金は使うためにありますが、守銭奴のように
必要なお金も使わず、食うや食わずの着たきり雀みたいな生活をしているのでは、
なんのために生きているのか分からない。

といって、無駄な金を浪費的にジャンジャン使ってしまっては、
たちどころに貧乏神にとりつかれます。

お金の使い方には、自らバランス感覚と倫理観がなくてはなりません。

「譲る」というのは、お金に利己的な執着を持つことなく、
もし多少の余裕ができたなら、それを世のため人のためになることに
使おうということです。

「情は人のためならず」、それもできれば陰徳を積むということが望ましく、
せっかく良い事に寄付などしたとしても、それを「俺が、俺が」と宣伝したのでは、
結局、売名行為の偽善となって、幸福はむしろ遠ざかっていくでしょう。

最後の「増やす」は、投資のことです。投資には、そこばくのリスクが避けられません。

そこをハイリスク・ハイリターンで一か八かを狙うのか、それとも、
投資先の良し悪しをよく考え、比べて、もっとも世のためになるような事業に
投資するのか、そこが分かれ目ですね。

●フィナンシャルリテラシーを教育すべし

日本では、昔から、ひたすら「勤倹貯蓄」こそが最大の美徳でした。

使うべきものを使わずに貯める、そして爪に火を灯すようにして質素に暮らす。

それは一見良いことのようですが、こんな時代には、ジリ貧の貧しい人生へ
転落するのを座視するに等しいでしょう。

そうではなくて、若い頃から、どうやって資産を着実に増やし、リスクを回避するか、
そこを学ばせなければならないのです。

そういう教養が身についていないと、ネット上に溢れる詐歎情報などに
簡単に引っかかってしまうのです。

フィナンシャルリテラシーが身に付けば「稼ぐ」ということの意味も
わかってくると思います。

●僕もフィナンシャルリテラシー欠如だった

バブル崩壊で僕の会社も崩壊しました。

その後しばらくはその原因をバブルの崩壊と決めつけていました。

しかし今では自分のフィナンシャルリテラシー欠如が最大の原因と
考えられるようになりました。

経営者として必要な当たり前のコトが身に付いていなかった。

バブル崩壊がなくても早晩行き詰まり息がつまっていたことでしょう。


●ビジネスにフィナンシャルリテラシーは必要不可欠なもの

日常生活にフィナンシャルリテラシーは必要なものですがこれは
当然ビジネスにも必須ですね。

稼ぐということは貨幣が誕生する前の物々交換にまで遡ってみると
分りやすいと思います。

物々交換ではお互いが交換したい物をほぼ等価値と判断して成立します。

牛10頭とイワシ1尾では普通に考えて特別な事情でもなければ
成立しないでしょう。

貨幣はものの価値を数値化します。

金ができてからは物やサービスを貨幣と交換するということですね。

何がいいたいのか、それは本来両者が対等な関係で成り立つのが
健全な姿なのです。

お互いが利を得て幸福になれること、だと思うのです。

稼ぐということは得たい貨幣の量に見合うだけのもの、
あるいはそれ以上の価値を提供して成り立つということですね。

簡単に儲かる?それはあり得ないことなのです。

相手に、社会に、何も提供せずにお金を得ることはできません。

もしあり得たとしたらそれは歪んだビジネスであり正しい市民倫理を
逸脱したものでしょう。




         
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.