◆相手の目が見えないから聞き上手になって「人間好き」になること。 - ビジネス活動のヒント

◆相手の目が見えないから聞き上手になって「人間好き」になること。

見つめ合う


対面のコミュニケーションでは「話をするときも聞くときも
相手の目を見ること」といわれますね。

若い時はこれが出来ませんでした。

小学校に入るまで家族と近くにいた祖母くらいとしか会話が
ありませんでした。

保育園にも託児所にも入っていません。

幼児期に他人と接する機会が本当に少なかったようです。

そのせいか僕は20代前半くらいまで
軽度の対人恐怖症だったかもしれません。


ところで、まったく興昧が湧かない話を延々と聞かされたことがある
という経験はありませんか。

「早く終らないか」と思いつつ、目では「あなたに好意を寄せています」と
発信し続けなくてはならない矛盾。

辛いですよね。

だいたい人は話を「聞く」よりも「話す」ほうを好むと言われています。

それは話すほうが聞くことよりも心理的負担が少ないからだそうです。

人の話を聞くということは、話を理解しなくてはならないという負担があり、
さらに内容がおもしろくないと、精神的な疲労を感じるというのです。

こんな場合、どうすれぱいいのか。

臨床心理士の東山紘久さんは、「輿味のもてない話のときこそ、
相手を理解するチャンス」と力説しています。

カウンセラーとして一日に何時間も人の(主にネガティブな)話を聞き続ける
という東山さんは、時には自分でも知らない世界の話を
聞かされることがあるそうです。

そんな時、「自分は興昧がないが、この人はどうしてこうも熱中できるのか」と
相手の立場で話を理解しようとするのだといいます。

つまり、「話す内容ではなく、相手そのものに興昧を持つことが大切なのである。

どうしてそのような受け取り方をするのか。

なぜこのような感じ方をするのか。

一人ひとり異なる人間性に視点を移してみれば、
たちまち興味が湧いてくる」といいます。

●オンラインネットワークビジネスのコミュニケーションは
「人間好き」になること


僕が展開している<オンラインMLM>=オンラインネットワークビジネスで、
正月早々インドに駐在する会社員さんから資料請求をいただきました。

インドは2年目で後任者はインドを嫌がりなかなか見つからない。

前任者も7~8年駐在したそうです。

奥様を日本に置いて単身インド。

自分もあと8年位インドかも?とおっしゃいます。

40代の男盛り。僕はこの方のお気持ちが痛いほど解ったのですが
ビジネスである以上こちらの情報をとにかく伝えました。

オンラインネットワークビジネスで人生を変えれば8年後じゃなく
3年後に愛する奥様が待つ日本に帰るのも夢ではないと思うのです。

オンラインネットワークビジネスでは、お互い目を見ることはできません。

でも「人間好き」になれば一通の返信メールでも相手の状況を
イメージすることはできます。

口コミが苦手でもセールスレターがうまく書けなくても、
まずは「人間好き」になることがコミュニケーションの第一歩なんだと思います。

目が合わせられないオンラインネットワークビジネスでは
これが心の目となるのです。


         
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.