本来の「ネットワークビジネス」は「インターネット」「ネットビジネス」と無関係 - ネットワークビジネス

本来の「ネットワークビジネス」は「インターネット」「ネットビジネス」と無関係

きのこ 

「ネットワークビジネス」という名称。

「ネット」で「インターネット」や「ネットビジネス」を
連想してしまいますが本来は直接の関係はありません。

「ネットビジネス」は「インターネット」を使うビジネスの
総称ですが「ネットワーク」とは関係ありません。

本来の「ネットワークビジネス」を理解するためには、まず
「インターネット」、「ネットビジネス」という言葉やイメージは
紛らわしく混乱するのでここで一旦忘れてください。


光 image

●ネットワークビジネスは20世紀最大の発明のひとつ

ネットワークビジネスがそれまでなかった大発明、
革命的流通といわれるのはそのしくみにあります。

では、どこが新しいのか?まず今までの流通を
考えてみます。

商品を製造するのがメーカー(企業)です。

新しい商品が誕生すると莫大な宣伝広告費をかけて
その商品を広めることが必要になります。

そして商品がつくられて消費者の手に渡るまでには
中間の流通業者(問屋、代理店など)を何段階も通り
販売店に並びます。

そのたびごとに中間マージンや物流費が発生します。

販売のための店舗が必要で販売員が必要ですから
店舗の維持費、人件費がかかります。

また、在庫のために必要な経費もかかります。

消費者が支払う商品の販売価格は、製造原価に
メーカーの利益を加え、さらにこれらの費用を
全て上乗せしてはじきだされたものです。


ネットワークビジネスでは従来の流通に必要だった
広告費や中間の様々な経費がかかりません。

商品の宣伝は広告のかわりに「口コミ」によって
おこなわれます。

商品は主宰会社(メーカー)から直接消費者(会員)に
送られますから中間の流通業者、物流、店舗は
不要なのです。

いままで商品の価格に上乗せされていた広告費、
流通の中間マージンや物流費、販売店舗維持費や
人件費がいらなくなったということです。

消費者が同時に販売員を兼ねることにより
このような新しい流通が登場したのです。
(今は販売しないものもあります)

●ネットワークビジネスは「ネットワーク」を構築するビジネス

ネットワークビジネスは人と人のつながりによる
「ネットワーク」を構築して商品の流通を発生させるという、
新しいスタイルの流通形態です。

そのネットワークが生み出す売上から会員の報酬が
分配されます。

「口コミ」による人と人のつながりで「ネットワーク」が
構築されます。

この「ネットワーク」が広がり大きくなればなるほど
報酬としての収入が増えるしくみになっています。

報酬は、当然ですが参加したネットワーク企業から
支払われ権利収入となります。

このネットワークから報酬が発生するという点が
ユニークでこれはネットワークビジネスだけの
ものです。

ネットワークビジネスに参加するということは、
その企業の消費者であり拡販員であり個人事業主でもある
ということです。

新しい流通形態であると同時に、新しい事業形態である
ともいえるのです。

●21世紀の今、インターネットを使うネットワークビジネスが主流

ネットワークビジネス本来の意味に
インターネットは関係ありません。

古典的な口コミによる集客手法を守り、
今でもインターネットが使えない会社が多いのです。


一方21世紀、インターネットの発展を利して
いままでのネットワークビジネスを大きく進化させるという
流れがおこりました。

それはインターネットとの融合で口コミ集客の問題点を
ことごとくクリアした革命的なものです。

20世紀に登場した口コミネットワークビジネスは
この21世紀にインターネットと融合し
ネットビジネスの新しいモデル<オンラインMLM>として
生まれ変わったのです。
 






          
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.