◆閉塞する現状を打破しようとするNEWビジネスから学んだこと。 - ひとりごと

◆閉塞する現状を打破しようとするNEWビジネスから学んだこと。

レインボーブリッジ.jpg
 


ネットワークビジネスではない異業種の広告の一部を引用します。

その異業種の内容についてここで触れませんが
現状を打破しようとする新しいビジネスではあります。

ネットワークビジネスだけでなくどんなNEWビジネスにでも
そのままあてはまると思いました。

今の時代の状況を見抜き、見事に描いています。

これを参考に書いてみようと思いましたが、あまりにも「御意!」なので
あえてそのままシェアしようと思います。

以下、引用です。


 『もう日本の二極化は止まりません。

会社に雇われているだけの人はリスクが大きいとさえ言われています。

給料が変わらなくても“税金は増え続ける”ので、美味しい料理やお酒、
家族旅行、趣味などに自由に使えるお金はジワジワと減るようになります。

30、40代の人でさえ“年金はもらえません”し、
“退職金”も支払われる確実な保証はありません。

人工知能やロボット化が進めば、10年後には飲食店のホールスタッフ、ネイリスト、
スーパーのレジ係、電話オペレーターなど“消える職業”があるのはもはや常識です。

●固定された給料、転職リスク、副業禁止

アルバイトだろうが正社員だろうがどれだけ努力を重ねて能力を発揮しても
会社に雇われる限り基本給に限界があります。

しかも日本はまだまだ年功序列です。

より高待遇な会社を探して転職したとしても
新天地ではゼロからスタートになるので昇進エスカレーターを
自ら放棄することになります。

そもそも経験豊富な脂の乗っているバリバリの30代後半のビジネスマンが
転職しても「時間を切り売りする勤務先を変える」だけなので、
収入が飛躍的に増えることはありません。

また副業を禁止する就業規則がある限り給与以外に収入が望めません。

●独裁ナチスの巧妙な奴隷方程式

所得税負担の不公平さを表現したトーゴーサンピン(10,5,3,1)という言葉が
あります。

1が国会議員、3が農家、5が自営業者、そして10がサラリーマンです。

もっとも税金負担が高いのは所得の低いサラリーマンだったのです。

日本という国は本来国民が自分で税金の金額を申告して納める国です。

これが確定申告です。

勤務先が代わりに納税してくれるサラリーマンの源泉徴収という方法は
むしろ例外だと言えるのです。

各事業所に税金の天引き事務を任せてしまう方法は非常に優れていますが、
この制度を世に広めたのはアドルフ・ヒトラーでした。

●銀行が洗脳した「お金のウソ」

「お金に価値がある」とみんなが認めていますが、
そもそもお金自体には価値はありません。

あなたが大切にする1万円札の原価だってわずか約20円です。

実は、お金に価値があると広めたのは銀行でした。

そして、「お金に価値がある」という考え方は頭の中で「価値があるのはお金」
という考え方に変換されて、やがて、「お金以外には価値がない」
と勝手に変換してしまうので、金を使う『人様』を大事にしなくなります。

本当は、人様や社会に貢献して感謝されたときに初めてもらえるのが
「お金」なのです。

つまり、今あなたの財布の中にある現金は、
『あなたへの感謝の気持ち』そのものなのです。

人様から沢山感謝をされることで初めてお金持ちになれるのです。

なので・・・

●引き寄せ、思考法、NLP、コーチング、瞑想、自己啓発を学ぶだけで人生は変わりません。

人生を変えるためには、やはりお金は必要です。

お金さえあれば、誰だって自分の思い通りのライフスタイルが
自由に叶える事ができます。

しかし、誰かを喜ばせるか、誰かの悩みを解決して感謝されない限り
一生お金持ちにはなれません。

本や教材を沢山学ぶ人ほど「自分のためだけ」に頑張る人へと
知らないうちに変わってしまい、誰からも感謝されない人生を
無我夢中で突き進むので、永遠にお金持ちになれないのです。

だからと言って…

●ノウハウだけでも続かない

もしかしたらあなたは既に、

FX、バイナリーオプション、せどり、ネットビジネス、起業塾、コンテンツビジネス、
アフィリエイト、コーチングなど…

収入を増やすための様々な勉強をしてきたけど結果が出なかった
という経験があるかもしれません。

なぜかというと何も知らない初心者に対して
専門的なノウハウや小難しい話を教えるからです。

「それはあなただからできるんでしょ!」と、言い返したくなるような
成功者だけが使うテクニックを教えられるからなのです。

●一緒に取り組む仲間がいれば続けられる

多くの人がお金持ちになれない最大の理由は
自分の力だけで成功させようとすることです。

ですが、家族や仲間と切磋琢磨して励まし合えば「自分は一人じゃない」
「皆が頑張ってやっている」と自分一人では決して生まれないパワーが出てきます。

独りぼっちではできないことがあります。

生半可な気持ちではなく本当に幸せを掴みたいという真剣さと
高い意識を持った人たちと楽しみながら一緒に学べる環境だから
最後まで続けられるのです。』

          




     

関連記事
渡邉 順治
Posted by渡邉 順治