◆思い込みでつくられた架空の壁が「やる前にできない」と思わせる元凶 - ひとりごと

◆思い込みでつくられた架空の壁が「やる前にできない」と思わせる元凶

壁 

何かを始めようと思った時に足を引っ張るものは
他ならぬ自分の中にある、ということがあります。

ある結果が何度か続くことで思い込みが形作られやがてそれが
常識のように心にへばりついてマインドに悪影響を与えている場合が
あるのです。

いつの間にかそのことになかなか自分では気がつかなくなってしまいます。

何かを始めようと思ってもすぐにパッととりかかれない、
何故かやってもいないうちに出来ないと思ってしまう。

色々と出来ない理由を探して自分を納得させようとする。

そんな経験は多かれ少なかれ誰でも持っていると思います。

そもそもやっていないのに出来ないと思うのは道理に合わない気がしますが
そこが人間の複雑な心の問題なのでしょう。

「お金があっタラ」、「時間があレバ」と「タラ、レバ」で出来ない理由を
自分の外部に探すものですが「やる前にできない」と思わせる最大の原因は
自分の中にあるのです。

それは思い込みが作り上げた壁です。


●架空の壁が自分の動ける範囲を自分で決め付けてしまっている

自分の可能性に自分で限界の壁を設ける必要は当然ありません。

しかし限界の壁を知らず知らずのうちに積み上げているのは
自分の思い込みなのです。

それに気づいて壁を取り払えば「やる前にできない」と思うことは
なくなるでしょう。

取り払うといっても、もともとその壁は架空のものですから
気づく事で消滅するものです。

ここで魚の話を例にして説明してみます。

大きい魚は小魚をエサにしていますが一つの水槽に両方を放ったら
どうなるかは簡単に想像できます。

小魚は食べられて一匹もいなくなるでしょう。

そこでこの水槽を透明のガラス板で二つに仕切り片方に大魚、
片方に小魚を入れます。

大魚は小魚を食べようと突進しますがガラス板に激突して
食べる事はできません。

ガラス板にぶつかる度にダメージを受けるのですがこれを
何度も繰り返しているうちにとうとう諦めてしまいます。

そこでガラス板をはずします。

どうでしょう、大魚はエサである小魚を食べようとしません。

思い込みにより小魚はもう食べられないものとなってしまっているのです。

これが心の中に思い込みでつくられた架空の壁なのです。


●架空の壁を気づかせてくれるもの

自らが架空の壁に気づいて新たな一歩を踏み出すことは望ましいことですが、
自分で気付かなくても気づかせてくれる状況があります。

さきほどの魚の話に戻りますが、
再び大魚が小魚をエサと見做して食べるようになるには
どうするか、です。

架空の壁は強固に見えますが、この水槽に架空の壁を持たない
別の大魚を一匹入れるだけで良いのです。

この新しい一匹の大魚が当り前に目の前で小魚を食べるのを見ただけで
壁は消え再びエサに喰らいつくようになるといいます。

架空の壁を持つ人ばかりの中にい続けていては、なかなか自分の中にある
この壁に気づかないもののようです。 






(参考記事:「◆蚤の曲芸から学ぶ―見えない壁を取り外して跳べる自信を取り戻す」




     

関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.