◆絶対に希望を捨てない男のサバイバルを観賞してきました - ひとりごと

◆絶対に希望を捨てない男のサバイバルを観賞してきました

映画「オデッセイ」鑑賞してきました。

オデッセイ
 


「世界中で大ヒットを飛ばし、全米の賞レースを快走する
このサバイバル・アドベンチャーは、火星に取り残された
宇宙飛行士の物語。

主人公マーク・ワトニーが、救助が来るまで生存しうる可能性は
限りなくゼロで、まさに究極の絶望的状況。

それなのに本作は観客にワクワクするような勇気をもたらし、
胸が熱くなるカタルシスさえ呼び起こす前代未聞の映画なのだ。

まず驚かされるのは、どんな逆境にも屈しないワトニーの
チャレンジ精神。

生きるために必要不可欠な水や食料を確保するため、
持ち前の科学的な知識をフル稼働。

やがて失敗に学び、ユーモアで寂しさを吹っ飛ばす彼の
スーパーポジティブな奮闘ぶりは、地球で帰還を待つ人々の心を
動かしていく。

ひとりぼっちのサバイバルから、全人類の願いをのせた
壮大な救出作戦へ。

この奇跡のような高揚感を、ぜひ映画館の大スクリーンで
味わってほしい。」

(映画館でもらってきたパンフレットより) 
サバイバルとは厳しい条件の下で生き残ることです。

多くの人にとって現今の状況は火星に取り残されなくても
サバイバルといえるでしょう。

もちろん生存しうる可能性が限りなくゼロ
というようなことではありませんから火星に取り残されるのとは
ちょっと意味合いがちがいますが…。

もっとスリリングな場面も期待していましたが
上映時間はすごく短く感じました。

退屈な映画はだいたい長く感じてしまうものです。

何にしても諦めたらそこでお終いですからね。

スーパーポジティブなキャラで奮闘する姿には
共感をおぼえました。

いい映画でした。

まだご覧になっていない方にはお薦めいたします。

フォックスからもマット・デイモンからも
ボーナスがもらえるわけではありませんが…。

いいものは人に伝えたくなるのがやはり
人情というものですね。






         

関連記事
渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.