◆副業に最適なネットワークビジネスは進化した - 副業に最適なネットワークビジネス

◆副業に最適なネットワークビジネスは進化した

顔


ひと口にネットワークビジネスといってもさまざまなものがあります。

副業に最適なネットワークビジネスを検討するときに
会社、報酬プラン、製品などについて考えることは大切です。

副業の条件としてそれ以外にも考えなければならないことがあります。

それは集客方法の違いです。

ここでは集客方法にフォーカスして書いてみます。


●今までのネットワークビジネスの集客方法

まず副業で取り組むとすれば本業で使う時間以外の時間を
それに充てることになります。

当たり前のことですが誰にとっても1日は24時間しかありません。

本業に8時間以上使うとすれば副業に使える時間は
意外と少ないものです。

普通の会社勤めの場合では朝から夕方まで8時間以上拘束されますから
その時間帯は副業には使えません。

リストアップした友人、知人に電話をかけまくりアポイントがとれれば
面談のために出掛けることになります。

また、見込客とセミナーに参加したりABC、ミーティングなどと
外出しなければなりません。

このように今までのネットワークビジネスの集客方法は副業で使える時間を
大幅に上回ってしまう場合が多いのです。

これらの活動にかかる経費も電話代、交通費、喫茶店代、会食代など、
回を重ねれば大きな負担になります。

さらに、口コミで製品、ビジネスの情報を伝えるといっても、ビジネスである以上
つい熱が入って勧誘やセールスになるなど
人間関係の悪化を招いてしまうということが起こります。

この集客方法はとび込みセールスと同様に見込があるかないか分らないままに、
誰かれかまわずアプローチしていますから効率が悪いと言わざるをえません。

そして、知人、友人の数には限りがありますから、リストが尽きれば
そこで集客活動はストップしてしまいます。


●インターネットの普及が可能にしたネットワークビジネスの新しい集客方法とは

インターネットで集客する新しいネットワークビジネスでは
まず第一に見込客は知人、友人ではありません。

インターネットを使う全ての人が対象になります。

そして勧誘活動は必要としません。

ネットに情報を流しこのビジネスに興味を持つ人だけを相手にして
集客します。

最初から興味がない人に無理なアプローチをしないので
効率が高いのです。

(詳しくは◆オンラインMLMはDRM?を参照してください)

副業として取り組める時間の問題は、在宅つまり外出しなくても良いので
自由に捻出できます。

相手の都合やセミナーの日時を気にしたりする必要は全くありません。

自分の都合に合わせて好きな時間に完全在宅で仕事に集中できるのです。
(パソコンがあれば自宅でなくともどこでも仕事はできます。)

したがって外出に伴う出費などは発生しません。


●今までの集客の問題点を解決して副業に最適なビジネスモデルに進化

ネットワークビジネスは大きな魅力を秘めたビジネスモデルとして注目されてきましたが
その集客方法から数々の問題を生み出してきました。

そしてそれらの問題は多くの批判、誤解、悪評に繋がってしまいました。

大きな魅力を秘めているとはいえ
ビジネスの第一関門ともいえる集客の段階に問題があるというのは
長らくネットワークビジネスのネックだったのです。

集客の問題が解決された今、<オンラインMLM>は21世紀型の、
無理のない健全・堅実なビジネスモデルに進化したといえるでしょう。 



         
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.