◆「接近勾配の法則」でやる気を自由にコントロールする - 心理学の応用

◆「接近勾配の法則」でやる気を自由にコントロールする

イメージ


何かを最後までやり遂げる際にやる気を引き出すための
有効な方法があります。

それは「接近勾配の法則」を意識的にうまく利用するということです。


●「接近勾配の法則」とは

例えば、あと少しでノルマ達成というところまで来ると自然にやる気がアップした
という経験はないでしょうか。

これが「接近勾配の法則」といわれるもので、
ゴールや目標達成に近づくと意識しなくても集中力、やる気が
それまで以上に高まるという現象です。

「接近勾配の法則」を利用するためには
達成する目標を設定しなければなりません。


ブログを始めるときに100記事をいつまでに書こうという
目標をたてます。

仮に1日1記事休まずに書くとすると100日ですから
3カ月と少しかかります。

この場合およそ70~80記事くらい書いた時点で「接近勾配の法則」が
働きそうですが70~80記事に到達するまでがなかなか大変でしょう。

そこで最終目標は変更する必要はありませんが100記事に至るまでに
10記事、30記事、50記事と小目標を設定します。

そうすることによって、それぞれの小目標の手前で
「接近勾配の法則」が働くわけです。

いきなり100記事の目標に向かってひた走るよりも
ずっと気が楽になりますし達成の可能性も高まるのです。


●日々のタスクでもやる気を引き出す方法

また、「接近勾配の法則」は日々のタスクにも働かせることが
できます。

それはひとつのタスクが終わる寸前にわざと中断するのです。

やりかけの仕事を残して、例えばランチにでかけます。

戻って再開する時は「接近勾配の法則」が働くので
すぐに仕事が片付きます。

一日の終わりにも、その日のうちに終えられそうだったタスクを
わざと残すのです。

翌日はその続きから始める事になりますが
タスク達成は目に見えている状態ですから
「接近勾配の法則」によってスムーズに取りかかれ一気に進むでしょう。

そしてそのタスクが終わってもモチベーションは高まっていますから
そのまま次の仕事に集中して入っていけるのです。

このように「接近勾配の法則」をうまく利用することで
やる気をコントロールできるのです。 


          
関連記事

渡邉 順治
Posted by渡邉 順治

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

[ Bron-Broen ] designed by Akira.

Copyright © ネットワークビジネスをオンラインで All Rights Reserved.