◆ネットワークビジネスの組織構築は「2×2=6」となる

     03, 2015 13:43
    ネットワークビジネスでは製品の流通を目的とした組織を構築することが仕事です。

    あなたを起点にした組織がどのようにして大きくなってゆくのかを考えてみます。

    「2×2=6」という計算式はネットワークビジネスの組織構築の効率性を説明するために使われるものです。

    最初にあなたが2人をスポンサーします。

    そして次にその2人がそれぞれ2人をスポンサーしたとします。

    このときのあなたのダウンは何人かということですが、

    2×2=4ではなく、「2×2=6」になっているということです。

    すでに最初にあなたがスポンサーした2人のダウンがいるからです。

    (ドン・フェイラ著「ネットワークビジネス 2×2=6」より)

    あなたがスポンサーしたのはたったの2人です。

    でもこの時点でダウンは6人になっているということです。

    この効率性がネットワークビジネスのレバレッジを生み出し加速させる原理なのです。

    では、あなたが5人をスポンサーしてその5人がそれぞれ5人をスポンサーしたとすると、

    1段目:5人

    2段目:25人

    3段目:125人

    4段目:625人

    合 計:780人

    なんとわずか4段目であなたの組織は合計780人となります。

    報酬プランで違いますがこの段階で月収100万円を突破するものもあります。

    ●直接リクルートするビジネスパートナーはたったの5人で良い

    理論上は、あなたが直接リクルートする人数が多ければ多いほど組織が大きくなるのは当然です。

    しかし、同時にビジネスを進めるのはたったの5人でいいのです。

    但しこの5人は本気で一緒にビジネスに取り組む人でなければなりません。

    ダウンの教育中は6人以上の直接リクルートを考える必要はありません。

    5人のビジネスパートナーが見つかったら、いつまでも自分で直接リクルートするのではなくリクルートのやり方をダウンラインに伝えていきます。

    さらにその伝え方を継承できるように教育していきます。

    ビジネスの正しいやり方が正しく伝わればわずか5人ずつリクルートするだけであなたの組織は4段目で総数780人に達します。

    この780人はあなた一人でリクルートし教育したわけではないのです。

    ネットワークビジネスはリクルートに明け暮れるというイメージを持っているなら誤りです。

    最初のリクルートは必須ですがその後はいかに正確に伝承するかということに力を注ぐビジネスなのです。

    このようにネットワークビジネスは「2×2=6」という計算式が象徴する特有のレバレッジ効果で組織が構築されるのです。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス 組織構築 2×2=6 スポンサー レバレッジ オンラインMLM 成功法則 主婦 在宅ビジネス 稼ぐ

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?