◆105歳で世界記録!?は根性のなせる技

     23, 2015 20:29
    老人テニス


    マスターズ陸上競技の男子100メートルと砲丸投げで「世界記録」を樹立した、
    というニュースに驚かされました。

    元気の秘訣(ひけつ)を聞かれ、「根性やね。ワハハ」と笑ったそうです。

    こういうニュースはなぜか人を元気づけます。

    ニュースの大部分はネガティブです。できればネガティブなものは心に入れたくありません。

    ネガティブな情報は一瞬で心を暗くしてしまいます。

    なるべく触れないほうがいいのです。

    根性でやり続ける、何歳になっても、それは元気の秘訣のようです。

    何もすることが無いというのは人間にとって辛いことのようです。

    熱血サラリーマンが定年退職して仕事以外趣味もなくやる事がない、しかも老後のお金が心配、
    というのでは元気など出ませんね。

    今や普通のサラリーマンが下流老人になる時代です。

    年金もアテにならない時代、定年のないもう一つの収入を今から始めておく必要があるようです。

    この105歳の宮崎秀吉さんは何と92歳で陸上を始めたということでさらにびっくり。

    「思い立ったが吉日」と言われますが始めるのは誰でもできます。

    それを根性、根気で継続する事の大切さを学ばせてもらいました。


    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!



     






    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:陸上競技 世界記録 元気の秘訣 根性 ニュース ネガティブ 定年退職 趣味 老後 下流老人

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?