◆間違ったお金の教育ではネットワークビジネスで稼ぐことを否定する。

     13, 2015 22:16
    ランドセル


    日本の教育システムは小学校、中学、高校、そして大学を出るまで、会社員になる事を教えられます。

    すなわちEクワドラント(雇われる人)になるように教育されるわけです。

    他人が作ったシステムの一員、一個の部品、歯車となって働くことをよしとする教育です。

    これは資本家側の論理ともいえます。

    資本主義国家においては資本家擁護の原理が働くのは必然かもしれません。

    その結果これ以外に収入を得る方法を日本の学校では学べないのです。

    教育とは人が生きていくうえで必要な知識・知恵を与えるものであるならばお金・経済の学習は避けて通れないものの筈ですが日本ではなぜかカネを稼ぐということはどうもあまり美しい話題にならないようです。

    今の時代ではサラリーマンの安定・安心・安全は誰も保証してくれません。

    終身雇用は終わりを告げ昇給・昇進もおぼつかない、リストラや倒産の嵐が吹き荒れる時代です。

    国にも会社にも誰にも頼れる時代ではないのです。まさに自分の身は自分で守るしかありません。

    これからの時代を生き延びるためには今までの教育、会社員となるための教育だけではダメなのです。

    現実に向き合って冷静に、考え方を切り替えないことには時代の変化に対応できないのです。

    資本家側の都合に合わせた教育だけでは幸せはつかめないでしょう。

    あなたとあなたの家族の安定・安心・安全を守ることはできないのです。

    お金持ちになるための教育とは何でしょう。

    実はそれがネットワークビジネスの提供する教育の中にあるのです。

    ネットワークビジネスを選ぶなら確かな教育システムを持つところを選ぶ必要があります。

    報酬プランも製品の良さも大事な要素ですが確かな教育システムとサポートも重要です。

    ネットワークビジネスはアルバイトではありません。個人事業であり起業なのです。

    採用されれば誰でも時給○○円の収入があるというものではありません。

    誰でもスタートは初心者です。当然教育を受けながら学んでいく必要があるのです。

    ところで平均年収1千万円強といわれる弁護士の場合ですが、平均として、司法試験に合格するのに1日10時間~16時間の勉強が必要で、合格まで3年~5年かかるようです。

    ネットワークビジネスなら真剣に学べば6カ月~1年程度、1日2時間ほどをビジネス実践と勉強にあてればよいのです。

    難関をくぐり抜けて晴れて弁護士になれたとしても次は過酷な同業者との競争が待っています。

    しかもうまくいけば高所得、といってもそれは労働収入なのです。

    (※弁護士という職業を否定、誹謗、中傷する意図は全くありません。ここでは単なる比較の対象としてあげさせていただきました。)


    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!



     




    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?