◆いわゆる「ネットビジネス」の現状とは

     05, 2015 19:09
    PC女


    ネットビジネスにもいろいろありますが、ある調査によるとアフィリエイターの約70%は月収1,000円以下、約90%は月収5,000円以下、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の約2%だということです。

    しかしこの2%の中には月収数百万~億という稼げるアフィリエイターが多数おり、二極化しているという状況のようです。

    ネットビジネスは儲かるという思い込みで軽い気持ちで参入しても、思ったように稼げないと、大多数が悩んで悪戦苦闘し、挫折しているのが実情です。

    ●ネットビジネスの趨勢

    ネットビジネスの世界はずいぶんと変化してきました。

    2000年初頭に情報起業やアフィリエイトに参戦していれば確かに成功確率はもっと高かったかもしれませんが、現在では、今までのやり方では通用しません。市場は飽和状態なのです。

    ネットビジネスをこれから始めるにしても、従来のやり方ではもはや稼ぐことは難しいでしょう。

    切り口を変えれば稼ぐ手法はあるかもしれませんが、ネットビジネス過当競争の現在では、旧来のやり方では通用しなくなってきているのです。

    ネットビジネスがはやりだした2005~2008年頃に比べると情報起業やアフィリエイトを始めたいという人の動機が変わっています。

    当時は「情報起業で1億円稼ぐ!」「月収100万円を達成したい!」といった人が大半でしたが現在では「月5万円でもいいから給料以外の収入が欲しい!」「まずは月10万円を達成したい!」といった、現実的スケールに変わってきました。

    あまりネットビジネスに過大な期待をしないようになってきています。

    当時と比べると日本の状況、個々人の経済状態はより深刻になってきているので、ネットビジネスを始める動機も、より切実で現実的なものに変化しているのです。

    情報商材を売る側にも大きな変化が見られます。

    当時は単価数万円の教材が主流だったのに比べ、現在は高額なビジネス塾がずいぶん増えてきました。

    期間半年~1年程度のネット塾で10万円以上、もしくは20万円以上のものや、バックエンドで50万円以上のセミナーもあります。

    それほどの高額塾でも売れ行きは好調のようです。それだけ将来に対する不安や悩みが切実で大きいのでしょう。

    しかしそれだけの大金を払って本当に稼げるようになった人はどれくらいいるのかははなはだ疑問です。

    調べようもありませんが、実際に稼いでいるのはその高額塾の主催者であるという事はわかります。

    手を変え品を変えて同じようなノウハウを高額で販売するのもどうかと思いますが、買う側はそれが本物かどうかを慎重に嗅ぎわける必要があるのです。

    このように現状ではネットビジネスは過渡期にあり、非現実的で過剰な期待を抱いて始めても簡単に思うような結果を出すことはできません。


    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!


     





    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットビジネス 儲かる アフィリエイター アフィリエイト 情報起業 情報商材 ビジネス塾 主婦

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?