Photo Gallery

    「ABC」というと一般に「○○○の初歩、入門。」という意味もありますが、ここではネットワークビジネスの勧誘手法である「ABC」のことを書いています。

    1人対1人で勧誘するというのはごく当たり前のやり方で特に解説することもないでしょう。

    「ABC」は2人対1人で行うやり方です。

    Aは、「Adviser」の略で、ビジネスや製品を説明する役の人です。Bさんの紹介者や更にその上のアップが務めます。

    Bは、「Bridge」の略で橋渡し役の人、つまり見込み客を連れていく人です。

    Cは、「Customer」の略で見込み客、つまりBさんの友人や知人です。

    ●「ABC」の流れ

    まずBさんは友人Cさんを勧誘したいと考えます。そこでCさんに電話をかけ適当な理由を作ってファミレスやカフェ等に誘います。

    そこには説明役であるAさんが、すでに待ち構えています。

    そこでBさんは、説明役であるAさんに、友人Cさんを紹介します。

    Bさんはこのビジネスの初心者です。

    アップのAさんがBさんに代わってCさんにビジネスの説明をします。

    AさんがCさんに説明している間、BさんはAさんの話に頷いたり相槌をうったりしながら口は挟まない様にします。

    Aさんの話し方や態度などを学びます。

    Cさんは話に納得してビジネスに参加することを決断します。

    そして将来Cさんが新しくDさんをリクルートする時にはBさんがAさん役になります。

    ●事前に「ティーアップ」をしておくことが大切

    「ABC」の最中、BさんはAさん、Cさんの発言に対して頷いたりそれなりの反応をして、場の盛り上げ役に徹します。

    そしてAさんの情報を「ABC」を行う前にCさんに伝えておくことが重要です。これを「ティーアップ」といいます。

    CさんにAさんを信頼してもらい興味を持ってもらえるように前もってセッティングしておくということですね。

    ●「ABC」という勧誘手法が必要な理由

    Bさんはビジネス初心者です。まだ他人を勧誘した経験もありません。

    ビジネスや製品の知識もまだまだ勉強中という段階です。

    自分に確信、自信があったとしても、ビジネス初心者ではなかなか相手にしてもらえません。

    そこで既に実績のあるアップの力を借りるということになります。

    ビジネス初心者のBさんが孤軍奮闘するよりははるかに合理的な方法と考えられています。

    ●「ABC」が違法行為とみなされる恐れがある

    AさんがBさんにかわってCさんに説明すること自体は問題ないでしょう。

    問題は見込み客を連れて来るさい、予め内容や目的を明確にしているかどうかという点です。

    特定商取引法という法律では、MLMの勧誘行為をするときには事前に会社名や内容を全て告げなくてはならない、ということになっています。

    しかし、詳しいことはAさんから話すのが「ABC」の鉄則です。

    事前にどこまで説明していれば法に抵触しないのか?

    事前に全て詳しく説明してしまっては「ABC」をする意味がなくなりますし、来る人はどれほどいるでしょうか。

    ●<オンラインMLM>に「ABC」という手法はありません

    <オンラインMLM>では勧誘をしません。

    インターネットで集客するため勧誘にまつわる問題はいっさい気にする必要がないのです。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス ABC 勧誘 ティーアップ 特定商取引法 集客 オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス

    世の中にお金を得る方法は色々あります。朝から晩まで働いても貧乏な人もいれば、たいして働いていない様に見えて大金持という人もいますね。

    このような差はどうして生まれるのか?漠然とした疑問を抱きつつもウヤムヤのままにしている人が多いのではないでしょうか。

    今の収入に満足できずもっと給料のいい会社に転職しようとか、この職種では稼ぎに限界があるから資格を取って別の職種に鞍替えしようなどと考える人も多いのではないでしょうか。

    あるいは資金を貯めて独立し自営業を始めてみよう。

    頑張ってダブルワークで収入を増やそうか、会社が休みの日にアルバイトでもしようか、など収入アップのために悩むことも多いでしょう。

    ここではその前に理解しておくべきこと、キャッシュフロークワドラントの「ESBI」について書いてみます。

    ●キャッシュフロークワドラントの「ESBI」とは何か?

    キャッシュフローとはお金の流れのことです。収入はどのように入りどのように出て行くのか、ということです。

    クワドラントとは円を4分割したものという意味です。

    収入を得るには4つのモデルがありそれは、

    E=employee(従業員)

    S=self employee(自営業者)

    B=business owner(ビジネスオーナー)

    I=investor(投資家)

    となります。

    これらのイニシャルをとって「E S B I」といっています。

    この4つのモデルのどれに属するかによって収入に違いが出てくるのです。

    お金を稼ごうと考えるならこのことを理解しなければなりません。

    では一つずつみていきます。

    ●E=employee(従業員)

    大多数の人が収入を得るため会社などに雇われて給料をもらっています。

    つまり会社の規模や職種に関係なく雇用されている人は全て「E」に属するということになります。

    雇用されると契約により自分の時間を拘束されます。

    自分の自由になる時間は少ないです。

    労働力の対価としての収入ですから、その収入には限界があります。

    労働を提供できない期間(欠勤、遅刻・早退、病気や怪我、その他の事情)は収入が発生しません。

    収入を増やすには労働時間を増やすか昇給しかありませんが労働時間を増やすといっても当然限界があります。

    主導権は会社にありますから基本的に残業や休日出勤を命じられれば従わなければなりませんし異動といわれれば引越しなければなりません。

    労働収入です。

    ●S=self employee(自営業者)

    雇われずに事業を行っている人です。店舗経営、農家、漁師、開業医や弁護士などの士業、整体院や何らかのサービスを提供している人が「S」に属します。

    自分の時間と労働力の対価として収入を得ている点では「E」と同じく自由な時間が少なく、収入にも限界があります。

    しかし、主導権は自分にあります。

    労働収入です。

    ●B=business owner(ビジネスオーナー)

    何らかのビジネスを所有している人です。例えばラーメン屋、美容院、会社などのオーナーなどです。

    現場で労働する必要はありません。ビジネスの権利を所有していることでそのビジネスからの収益を得ることができます。

    主導権は自分にあり、時間的に自由です。

    そしてこの「B」では「E」や「S」と決定的な違いがあります。それは権利収入であることです。

    始めにビジネスを所有するということはかなりの資金が必要になります。

    またそのビジネスに関わるあらゆるリスクも背負わなければなりません。

    しかしその反面このような仕組みを増やすことで収入はいくらでも増やせるということになります。

    また資金を運用して「I」投資家へと移行することもできます。

    ●I=investor(投資家)

    株、不動産、為替、債権、商品などに投資して利益を得る人です。

    お金によってお金(収入)を生み出す、お金に働かせる状態です。

    これも権利収入であり自由な時間を持ち主導権は自分にあります。

    収入に限界はありません。

    ■「E」・「S」は労働収入、「B」・「I」は権利収入

    労働収入は自分一人分の労働力が収入の限界です。

    つまり「E」・「S」に属している限り会社を替えても職種を替えても収入には限界があり時間的自由も得られないということです。

    権利収入は自分以外のものが収入を生み出しています。

    「B」・「I」に属すれば収入に限界はなく時間的自由も得られるということになります。

    大きな収入と時間的自由を望むならクワドラントを「B」・「I」に替えなければならないのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ESBI 収入 キャッシュフロークワドラント 時間的自由 労働収入 権利収入 自営業者

    ネットワークビジネスの悪評がはびこるのはなぜか?携帯電話、インターネットなどと共に「20世紀最大の発明」の一つと言われながら…。

    携帯電話やインターネットについての悪評を聞いたことはありますか?

    あまり聞きませんよね。

    ネットワークビジネスが本当に素晴らしいものだとすれば、これらの悪評は無知、無理解、誤解、偏見によるものだと考えざるをえません。

    ●ネズミ講やマルチまがい商法(悪徳マルチ)と混同、または同一視され胡散臭いものと思われている

    ネズミ講やマルチまがい商法は違法です。

    ネットワークビジネスはもちろん合法、正当なものですがたしかに上辺だけで捉えるならネズミ講やマルチまがい商法に似ていると思われるかもしれません。

    しかし似ていることと同一であることは全く違います。

    「味噌もク○も一緒」のような混同ですがきちんと調べなければなかなか正しく理解することはできないでしょう。

    胡散臭いと思われる原因のひとつとして、収入の発生するしくみが不可解ということが言えるかもしれません。

    ネットワークビジネスでは流通組織をつくりあげて初めて収入が発生します。

    収入を得るという事について、ほとんどの人は労働収入しか知りません。

    自分の労働力と時間を相手に提供してその分の対価として収入が発生するというものです。

    労働収入以外の方法を知らない人にとってはこれをにわかに理解することはできません。

    新しいもの、解りにくいものに対して人は保守的、否定的態度をとるのが普通なのです。

    特別興味がなければ疑問符がついていてもそれ以上調べるようなことはしません。

    結果として客観的な判断はできず無知、無理解、思い込みのまま残るのです。

    ●失敗した人が悪評をまき散らしそれを聞いた人が鵜呑みにする

    ネットワークビジネスは誰でも簡単に始められることで多くの参加者がいます。

    と同時に簡単に儲けられるものではありませんから多くの撤退者がいます。

    ビジネスは基本的に自己責任ですが撤退した人の多くは失敗した、あるいは自分は被害を被ったと思うようです。

    よく調べもせずに安易に登録して、思っていたものと違う、活動不足で成果が出ない、やり方を学ぶ気がない、根気が続かない、といった辞める原因が自分でなくネットワークビジネスにあると勘違いする人も多いです。

    一時的に失敗したと反省しても人に話すときはネットワークビジネスは良からぬものということになりがちです。

    さらに悪徳マルチなどにつかまった本当の被害者も数多くいます。

    マスコミはネットワークビジネスも悪徳マルチも十把一絡げで報道します。

    それらの情報を聞いた人が鵜呑みにしてしまうのも無理からぬ話ではあります。

    ●強引な勧誘・販売をされて嫌な思いをさせられた多くの人が口コミで悪評を拡散する

    多くのディストリビューターは見込客と言えるかどうかも解らないままに、相手との温度差も考えず強引な活動に走りがちです。

    全く興味のない人に無理矢理話を聞かせようとしたり、ともするとコンプライアンスを無視した勧誘をしたりしてしまうのです。

    人間関係の悪化を招くこのようなやりかたは多くの問題を起こしてきました。

    ディストリビューターがみずから悪評の原因をつくっているのです。

    しつこく誘われて嫌な思いをさせられた人はネットワークビジネスを好きになることはありません。

    嫌な事は人に話したくなるものですし、それは2倍3倍に膨らんで伝わるものです。

    ●ネットワークビジネスの悪評に捉われないビジネス展開が可能に

    今までのやり方を続ける以上、ネットワークビジネスに対する無知、無理解、誤解、偏見は簡単になくなることはないでしょう。

    しかし世の中にネットワークビジネスをある程度正しく理解し興味を持っている人は大勢います。

    このような見込客だけを相手にすれば悪評も偏見も関係ないと思いませんか?

    批判的な人を説得するのは無理ですし時間の無駄なのです。

    インターネットを使って集客するオンラインMLMはこの点でいままでのやり方と全く違う、ストレスのないビジネスに進化しているのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     


    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:悪評 ネズミ講 悪徳マルチ 流通組織 労働収入 ネットワークビジネス 被害者 強引な勧誘

    ネットワークビジネスとひと口に言っても今では様々なものがあります。

    会社の数も膨大ですし内容も多種多様です。

    そのような状況の中で、失敗しないネットワークビジネス選びのために必要な条件とは何か。

    ここでは最も重要な4つの条件を書いてみます。

    ●インターネットを使った集客が認められていること

    現在日本のネットワークビジネス界ではインターネットを使った集客を禁止している会社が多いです。

    今までの口コミ勧誘やセミナー動員による集客手法はこれからもなくなることはないでしょう。

    しかし、インターネットがこれだけ普及した現在、これを使わないテはありません。

    完全在宅で好きな時間を使って取り組めるのです。

    これからは進化したネットワークビジネス<オンラインMLM>主流の時代なのです。

    ●潰れない会社を選ぶこと

    ネットワークビジネスまがいの悪徳企業は論外ですが、まだ新しい実績のない会社は避けるべきです。

    新しい会社の約9割は5年以内に潰れているというデータがあります。

    また、これから立ち上げるという会社の話や、海外の会社でこれから日本上陸、というような話にも乗らないほうが賢明でしょう。

    最低でも設立5年以上、できれば10年以上続いている会社を選ぶ必要があります。

    ●製品は消耗品を扱っていること

    耐久消費財を扱う会社のビジネスでは一過性のある程度の高収入が見込まれるかもしれませんがリピートがありません。

    耐久消費財は一般に高額で文字どおり耐久品ですから繰り返し購入されるものではありません。

    そのため新規顧客を次々と開拓しなければなりません。

    これでは流通組織を築いて収入を得る権利収入ではなく労働収入と同じといえます。

    一般の人が普通に消費できる消耗品は毎月リピートされますから安定的な収入を生み出します。

    もちろんどこにでもあるようなものではなく高い製品力が求められます。

    ◆消耗品と耐久消費財、どちらを選ぶ?


    ●ビジネスのシステムは「購買型」であること

    「販売型」では売るための販売力が必要になります。在庫を必要とする場合もあります。

    また、販売のためではなくてもタイトル維持のために在庫を抱えるというケースがあります。

    つまりリスクがつきまとうということです。

    「購買型」では自己消費分のみを購入します。販売はできません。

    下代、上代のような、会員価格と販売価格というものはなく誰が買っても同一価格ですから仮に販売しても差益は出ないのです。





    以上の4つの条件を全て満たしたネットワークビジネスを選択してください。

    ひとつでも欠けてはいけません。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス 完全在宅 オンラインMLM 権利収入 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス 成功法則

    ネットワークビジネスはMLMともよばれます。

    マルチレベルマーケティングの略称です。

    多面的な階層(マルチレベル)で物品を流通させる仕組み(マーケティング)で、1930年代にアメリカで生まれました。

    消費者が販売員を兼ねるという独自の流通形態です。

    20世紀最大の発明のひとつとまで言われています。

    鳥

    ●ネットワークビジネスも時代と共に進化する

    MLMエボリューションとはネットワークビジネスの進化、ということです。

    エボリューション(evolution)=進化

    MLMは先述のとおり消費者が販売員を兼ねるというのが原型ですが、近年では販売しない「購買型」が主流です。

    これは製品を自己消費分だけ愛用すればよいので「販売型」のように在庫を持つ必要がありません。

    在庫のためにかかる資金がいりません。

    販売にまつわる問題点は解消されています。

    販売力がなくても在庫のための資金がなくてもできますし、強引なセールスで発生しがちなトラブルもありません。

    報酬プランも進化しています。

    一握りの億万長者よりも、多くの人が相応の収入を得やすいプランへと変化しています。

    そして、21世紀に入りインターネットの普及がネットワークビジネスの進化に大きな力をもたらしました。

    半世紀以上に亘る口コミを使った集客から脱皮して、インターネットで集客するネットワークビジネス<オンラインMLM>が登場しました。

    ネットワークビジネスとインターネットとの融合はまさに革新的エボリューションといえましょう。

    ●口コミの限界を超え、その問題点を全て払拭するインターネット集客

    まず、ターゲットが親戚・知人・友人などの身近な人ではなくなりました。

    製品やビジネスに興味がない人を相手に強引な勧誘などする必要は全くありません。

    そこで生じていた様々な問題、トラブルはここで改めて語ることもないでしょう。

    ターゲットはビジネスに興味のある日本中、いや世界中の人になります。

    インターネットを使う事で完全在宅を実現し、好きな時間に仕事ができるようになったのです。

    しかも集客システムさえ構築すればシステムが24時間365日働いてくれるようになります。

    口コミの集客では考えられなかったことが現実になっているのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     




    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:エボリューション ネットワークビジネス オンラインMLM 報酬プラン 購買型 販売型 成功法則

    映画「オデッセイ」鑑賞してきました。

    オデッセイ

    「世界中で大ヒットを飛ばし、全米の賞レースを快走するこのサバイバル・アドベンチャーは、火星に取り残された宇宙飛行士の物語。

    主人公マーク・ワトニーが、救助が来るまで生存しうる可能性は限りなくゼロで、まさに究極の絶望的状況。

    それなのに本作は観客にワクワクするような勇気をもたらし、胸が熱くなるカタルシスさえ呼び起こす前代未聞の映画なのだ。

    まず驚かされるのは、どんな逆境にも屈しないワトニーのチャレンジ精神。

    生きるために必要不可欠な水や食料を確保するため、持ち前の科学的な知識をフル稼働。

    やがて失敗に学び、ユーモアで寂しさを吹っ飛ばす彼のスーパーポジティブな奮闘ぶりは、地球で帰還を待つ人々の心を動かしていく。

    ひとりぼっちのサバイバルから、全人類の願いをのせた壮大な救出作戦へ。

    この奇跡のような高揚感を、ぜひ映画館の大スクリーンで味わってほしい。」

    (映画館でもらってきたパンフレットより)

    サバイバルとは厳しい条件の下で生き残ることです。

    多くの人にとって現今の状況は火星に取り残されなくてもサバイバルといえるでしょう。

    もちろん生存しうる可能性が限りなくゼロというようなことではありませんから火星に取り残されるのとはちょっと意味合いがちがいますが…。

    もっとスリリングな場面も期待していましたが上映時間はすごく短く感じました。

    退屈な映画はだいたい長く感じてしまうものです。

    何にしても諦めたらそこでお終いですからね。

    スーパーポジティブなキャラで奮闘する姿には共感をおぼえました。

    いい映画でした。

    まだご覧になっていない方にはお薦めいたします。

    フォックスからもマット・デイモンからもボーナスがもらえるわけではありませんが…。

    いいものは人に伝えたくなるのがやはり人情というものですね。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:サバイバル ネットワークビジネス オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス 成功法則

    「コンプライアンス」という言葉はよく耳にしますね。

    特にネットワークビジネス業界では頻繁に聞かれます。

    たった1人の起こした不祥事で営業停止、会社の信用が地に堕ちてしまうという事がたびたび起こっています。

    さらに、その会社の信用失墜だけに留まらずネットワークビジネス全体のイメージダウンにも繋がってしまいます。

    昨年も某有名ネットワークビジネス企業が数ヶ月間営業停止しました。

    余談ですが「コンプライアンス遵守」とうのはおかしいのではないかと思います。

    「コンプライアンス」は「法令遵守」という意味ですから「コンプライアンス遵守」では「法令遵守を遵守する」となってしまいます。

    ところで、例えは極端かもしれませんが最近では元プロ野球選手・清原容疑者の覚醒剤事件があります。

    野球界全体のイメージダウンになってしまいました。

    有名人であろうとなかろうと法を犯すことは多方面に良からぬ影響を及ぼし、多くの人に迷惑をかけることになります。

    さて、ネットワークビジネスは「20世紀最大の発明のひとつ」といわれながらも正しく理解されていないのが現実です。

    始めから違法の商売と認識して悪徳マルチ商法(マルチまがい商法)などを展開している会社も数多くあります。

    これはネットワークビジネスに対する正しい評価を曇らせている大きな原因のひとつです。

    しかし一般の人が悪徳会社と健全なネットワークビジネス会社とを区別するのは困難なのが実情です。

    特別興味を持ってきちんと調べない限りマスコミの情報などを鵜呑みにしているだけではネットワークビジネスの本当の姿は見えてこないもののようです。

    このような悪徳企業にコンプライアンスを説いても仕方がないのでそれは論外として、まともな会社で活動中のネットワーカーに問題の焦点をあててみます。

    りんご

    ●誰でも簡単に参加できることは諸刃の剣

    ネットワークビジネスの魅力のひとつは大きな資金を必要とせず誰でも簡単に参加できることです。

    これは魅力であると同時に半面では危険を孕んでいるということができます。

    ネットワーカーの中には「儲かりそうだから」というだけの安易な考えで始めた人や真剣にビジネスを学ぼうという感覚すらないような人が大勢いるということです。

    このような人が目先の利益に走ってオーバートークになるのは容易に想像できます。

    しかも特定商取引法、消費者契約法、薬事法などの最低限の法律を全く知らないで活動している場合が多いのです。

    このため自分の活動が法に触れているという認識がありません。

    これでは「ネットワークビジネス=強引な勧誘」というイメージがはびこってしまうのも頷けます。

    活動進行中のネットワーカーにももちろんですが、特に初心者には「コンプライアンス教育」が絶対的に必要だといえるでしょう。

    ●法律に抵触しなければ何をしても良いということではない


    そもそも法律を守るということは当然のことです。

    日常生活であれビジネス活動であれ最低限の規範にすぎません。

    コンプライアンスを単に法令遵守とだけ捉えるのでは足りません。

    ビジネスを「公正・適切な活動を通じ社会貢献をする行為」と捉えるならばもっと広い解釈をする必要があるのです。

    法律とは不完全なものです。

    時代の変化、社会の変化に即応できない面も多々あります。

    このため問題が起こってから新しい法律ができる、改正するというケースも多いわけです。

    法律を守ってさえいれば問題は起きないということはありません。

    問題が起こる前、あるいは起こらないように対処していくということは法規範だけに頼るのでなく最終的にはそれが「公正・適切な活動を通じ社会貢献をする行為」であるかどうかということに照らし合わせた判断が必要になってくるのではないでしょうか。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:コンプライアンス ネットワークビジネス 営業停止 清原容疑者 覚醒剤事件 諸刃の剣 薬事法 オンラインMLM 主婦 稼ぐ

    非現実的な目標設定で目標が達成できずモチベーションを下げるという人がいます。

    目先の集客数に拘り過ぎて目標設定をしても無意味なのです。

    ネットワークビジネスの組織構築は一朝一夕にできるものではないからです。

    それを理解していれば何も焦る必要はありません。

    焦らずにじっくりとコツコツやるべき事をやり続けるという姿勢が大事なのです。

    ここでは登録者がひと月たったの1名という場合で考えてみましょう。

    ●ブレイクスルーが訪れるまではそれを楽しみにして進み続ける

    まずあなたが一月目に一人のメンバーを獲得します。

    翌月からは2人でビジネスをするということになります。

    2人で1名ずつメンバーを増やすので2ヶ月目はあなたを含めて合計4人です。

    3ヶ月目は4人が1名ずつメンバーを増やしますから総勢8人となります。

    4ヶ月目は8人が1名ずつメンバーを増やしますから総勢16人となります。

    この段階では4ヶ月でまだたったの16人か、と思いますね。

    5ヶ月目で32人。

    そして12カ月目は?何と4096人になります。

    収入は製品の価格や報酬プランで変わりますから一概に算出する事はできませんのでここでは忘れてください。

    あなたとメンバーが毎月たった一人の集客を達成していけばこのようになります。

    3ヶ月目に8人だった組織が6ヶ月目で64人、7ヶ月目で3ケタに届いて128人、9ヶ月目で512人。

    10か月目で4ケタの1024人です。

    3ケタになる7ケ月目あたりがブレイクスルーポイントですね。

    ブレイクスルーポイントを超えると爆発的に上昇していることがわかりますね。

    半年(=6カ月目)の時点で64人ですがさらにその半年後(=12カ月目)の時点では64人の約66倍(=4096人)の組織になっています。

    同じ6カ月という期間ですが前半6カ月と後半6カ月を比べるとメンバーの増え方は全く変わっています。

    一人で4096人のメンバーを集めると考えたら何年かかるかわかりません。

    気が遠くなる話ではないでしょうか。

    しかし、結果としてこれはあなたが作り上げた組織となるのです。

    あなたは毎月1人ずつメンバーを増やしていっただけです。

    12か月でわずか12人です。

    その結果4096人の組織ができたのです。

    毎月1人ずつメンバーを増やすことは夢物語ではありませんし数字を誤魔化すことはできません。

    歩みを止めなければ、いずれブレイクスルーはやってくるのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:目標設定 ネットワークビジネス ブレイクスルー オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス 成功法則

    「副業」とは「主業=本業」に対する従的な仕事です。

    本業で得られる収入を補うというものです。

    多くの人は雇われることで一つの会社から一つの収入を得る、あるいは自営業で一つの収入を得るというものが一般的でした。

    本業以外の仕事をする場合、あくまでも本業がメインでもう一つの仕事はサブという考え方です。

    しかし今では本業自体が確固とした収入源として信頼できるものではなくなってきています。

    大企業であってもいつなくなるかわかりません。

    中小企業の倒産やリストラは日常茶飯です。

    下流化社会に突入する今では、多くの人は先が見えない本業の収入ひとつに頼っていくことに大きな不安を覚えているのではないでしょうか。

    ●「副業」ではなく「複業」という考え方―今の本業も単なる一つの収入源

    これからの時代は複数の収入源を確保しなければなりません。

    今まで持っていた収入源も一つの収入源にしかすぎません。

    新たに始める仕事は本業、副業という主従関係で捉えるのではなく対等なものと捉えるのです。

    本業を補うためにやるというよりむしろ将来的には本業を超える収入を生み出す可能性に期待して取り組むのです。

    今現在の一つの収入源が頭打ちでこの先いつ何時消滅するかわからないというのであればもう一つの収入源確保のために今すぐにでも取りかからねばなりません。

    何をやるにしても一朝一夕でかなう事はありません。

    思い立ったが吉日、スタートに早すぎることはないのです。

    そうなってから考える、では遅いのです。

    空と男

    ●「複業時代」の条件を満たすビジネスとは

    第二の収入源のために何を選ぶかです。

    例えばコンビニやスーパーでアルバイトするというのでは副業の域を出ることはないでしょう。

    時間的に限界がありますし、肉体的、精神的な苦痛が考えられます。

    まず、雇われることで新たに収入源を増やすという発想は捨てたほうが賢明のようです。

    ある程度の資金が用意できればいろいろと検討できるものはあるかも知れません。

    しかし資金を投入すれば必ず成功できるという保証はどこにもありません。

    そこにはリスクが伴います。

    雇われず、今の仕事にさしたる影響もなく、大きな資金を必要としない、ローリスクで将来性のあるビジネスとして注目されているもの。

    それがインターネットで集客するネットワークビジネス<オンラインMLM>なのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:副業 複業 下流化社会 収入源 ネットワークビジネス オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス 成功法則

    このブログの過去記事を検証していて些か気になったことがあるので書いてみようと思います。

    情報というものは受け手によって捉え方は十人十色です。

    それを発信者がコントロールすることはできません。

    読み手の解釈は自由です。

    記事のタイトルを見ただけで、ネガティブな気持ちで読み始める人もいれば逆の人もいるでしょう。

    全くニュートラルな状態で読み進めることができる人は多分少数です。

    それによって誤解や偏見が生じたとしてもいたしかたの無いことなのです。

    文字言語がコミュニケーションにおいて完璧なものであるということは出来ません。

    ●インターネットで集客するネットワークビジネスに問題点はないのか?

    従来のネットワークビジネスでは口コミの範囲を超えた強引勧誘という手段から様々な問題が発生します。

    これらの問題は、インターネットを使い勧誘しない手段を用いることによって解消されます。

    これはビジネス活動の集客段階における画期的な進化であるといえますし特筆すべき点であることは間違いありません。

    しかしこの点を強調し過ぎるあまり誤解が生じるという懸念が湧きました。

    強調しているつもりはないのですが読者の中にはそう感じる人もいるかもしれません。

    今までのネットワークビジネスは多くの成功者を輩出しビジネスモデル自体注目されるに値するものであることは確かです。

    私は口コミによるネットワークビジネスを否定しているのではありません。

    都合の悪い事は表に出さずいい事だけを伝えるというのは感心できません。

    それは読者に対して失礼、不誠実ですし後で自分にも問題がはね返ってくるものです。

    インターネットで集客するネットワークビジネス<オンラインMLM>はビジネスの構築に時間がかかる、という事がいえます。

    今までのネットワークビジネスの場合極端ですが100人リストアップしてその100人が一度にビジネスに参加したら一瞬で100人の組織が出来ます。.

    あるいは最初から多くの人脈を持ち相当数の人が一挙に参加するなど。

    <オンラインMLM>ではそのようなことは期待できません。

    組織構築の前に集客システムの構築にある程度の時間が必要だからです。

    ただ、これを問題点と捉えるか否かはあなたの自由です。

    私は問題点とは考えていません。

    玉2つ比較

    ●オンラインMLMが口コミ集客を禁止しているわけではない

    世の中に100%自分に都合のよい完璧なビジネスなどないでしょう。

    それをつきつめれば例の「ほったらかしで~」、「努力も才能もスキルもなしで」、「いますぐ~万円」になってしまいますがそんなものは現存しません。

    しかしインターネットがこれほど普及した今では、構築したサイトやブログは「あなたが寝ている間も24時間年中無休で集客する」というのは事実です。

    ある程度の時間がかかるとはいっても集客システム構築後の高いポテンシャルを考えればそれは問題視するほどのものではないことに気づくはずです。

    <オンラインMLM>の革新性ばかり述べてこぼれ落ちていたこと、それは従来の口コミ集客という手法が禁じられているわけではないし、これを同時に使っていいということです。

    強引な勧誘はもちろんダメですがあなたの話に真摯に耳を傾けてくれる人がいるならその製品、ビジネスの魅力を伝えていけばいいのです。

    ここで整理すると、<オンラインMLM>はインターネット集客という新しい手法を手にしそれをメインに展開しますが、従来の口コミ集客も同時に使えるということなのです。

    これからのネットワークビジネスはインターネット集客をメインにして口コミ集客はサブで用いるというのが賢いやり方だということができます。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス オンラインMLM 組織構築 集客システム 成功法則 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス

    WHAT'S NEW?