Photo Gallery

    成功に行きつくためには成功するまで辞めないことです。

    途中で辞めたのに成功出来たという人はいません。

    成功に継続は必須と頭ではわかっていても三日坊主で終わったという経験は誰にもあるのではないでしょうか。

    多くの人が毎日ブログを立ち上げていますが三日坊主こそクリアしても大半は半年ももたずに辞めてしまうといいます。

    継続することが出来ないのは普通と考えれば何も悲観する事はないのかもしれません。

    ネットワークビジネスの世界も殆どの人が1年未満で辞めてしまいます。

    基本的に人間は変化を嫌い、いつも通りの「安全・安心・安定」を求めてしまうものです。

    歴史上、21世紀は産業革命の時代に匹敵するかそれ以上の激動の時代といわれます。

    これほど急激な環境変化の中ではいままで通りのやり方でいつも通りの「安全・安心・安定」を求めていてもダメだということに多くの人は気づいています。

    変化を嫌ってなどとは言っていられない、自ら変化しなければ生き残れない時代ではないでしょうか。

    ビジネスは趣味の世界とは違います。

    まさに生活をかけて取り組むものですから途中下車したらそこでお終い、成功しなければ意味がないのです。

    継続することが出来ないのは普通、ではなく継続するにはどうするかを考える必要があるのです。

    ●「停滞型マインドセット」を「成長型マインドセット」に変える

    「停滞型マインドセット」は人の能力は生まれながらのもので変えられないという思考です。

    これに対して「成長型マインドセット」は人の能力は成長していくという思考です。

    問題にぶち当たった時「もうダメ」と考えてそこで辞めるか、「まだ先がある」と考えて前にすすむかの違いです。

    「停滞型マインドセット」の人にとって失敗は結果であってその先は考えません。

    「成長型マインドセット」の人にとって失敗は通過点であって終着点ではありません。

    失敗から学んだことを次に生かそうとするのです。

    エジソンの名言「私は今まで一度も失敗したことがない。私は2万回も電球が光らないと言う“発見”をしたのだ」は「成長型マインドセット」の典型といえるでしょう。

    多くの人は「停滞型マインドセット」なのでしょうが「成長型マインドセット」に変えられれば継続力を高めることが出来るのです。

    成功に必須の継続力を維持していくのは口でいうほど簡単ではないかもしれませんが意識して自分のマインドセットを変えていく努力をすれば、それは可能だと思うのです。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:成功 マインドセット 継続力 三日坊主 ネットワークビジネス オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス 成功法則

    一般的に「成功」の対義語は「失敗」と考えられています。

    辞書を引いてもそう書いてあるし言葉の意味として間違っているということはできません。

    しかし現実世界での「成功」と「失敗」の関係は反対の意味の言葉というだけの単純なものではないようです。

    「失敗」には辞書どおりのいわゆる「失敗」に終わるものと、「成功」の土台として必要不可欠な「失敗」というものがあるようです。

    ここでは実際に成功を収めた人たちが残した言葉をとり上げながら「成功」と「失敗」の関係について書いています。

    ●成功者のマインドは「失敗」をネガティブには捉えない


    「私は失敗などしていない。うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ。」
    (トーマス・エジソン)

    「早く成功したいなら、失敗を二倍の速度で経験することだ。成功は失敗の向こう側にあるのだから。」
    (トーマス・ワトソン Sr.)

    「成功は、99パーセントの失敗に与えられた1パーセントだ。」
    (本田宗一郎)

    「失敗は成功の母。」
    (不明)

    「失敗」といえばほとんどの人は良くないものと捉えているのではないでしょうか。

    子供の頃から親や先生に「失敗しないように」と言われて育ちます。

    「失敗」だけを単独に考えるならそれも間違っていないのかもしれませんが「失敗」を恐れるあまり行動しなくなってしまうのは考えものです。

    例えば、鉄棒の逆上りができるようになるにはまず鉄棒を自分の両手でしっかり握ることから始めなければなりません。

    「失敗」を恐れて鉄棒にぶら下がることすら躊躇っていては永久に逆上りが出来るようにはならないでしょう。

    「失敗」を辞書通りの意味でネガティブに捉えるのではなく「成功」との関係で考える必要があるのです。

    そう考えるならば、逆上りができるようになる(=成功)ためには数多くの試行錯誤を重ねなければなりません。

    できるようになるまでの試行錯誤は全て「失敗」なのです。

    早く成功したければ早く「失敗」しなさいとむしろ奨励するべきものなのです。

    出来るようになるということは出来るだけ多くの「失敗」を体験して学んだ結果であるということになります。

    一度も失敗せずに成功するとは、初めて買った宝くじで3億円当たったような、運を天に任せるような話しか思い浮かびません。

    ここでの「成功」とはそのような類のものではありません。

    ●「成功」は「失敗」という階段を登りつめたところにある

    「失敗」という階段が何段あるかは問題ではないのです。

    階段を登らなければ「成功」には行きつかないのです。

    「失敗」の積み重ねが「成功」に辿り着く、つまり「失敗」とは避けて通れない通過点という事ができます。

    「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。
    成功するところまで続ければ、それは成功になる。」
    (松下幸之助)

    階段を登るのに疲れたらちょっとだけ踊り場で休むのもいいでしょう。

    しかしその先を登るのを諦めた瞬間に「成功」は消えてしまいます。

    「成功」とは目にみえないものです。

    あと数段で行き着くかもしれませんしまだ何十段もあるかもしれませんが、諦めない限り「成功」は逃げていかないと言えるのです。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:失敗 成功 トーマス・エジソン ーマス・ワトソン Sr 本田宗一郎 逆上り 松下幸之助 在宅ビジネス ネットワークビジネス

    成功するためには実践が何より大事なことです。

    思っているだけでは永遠の片思いで終わります。

    いつまで待っていても、人生は何も変わる事なく、夢は夢のまま、ですね。

    もしあなたの今の状況が3年前、5年前とさほど変わっていないなら、3年後、5年後も今とさほど変わらいないと考えられますか?

    いえ、このまま何もしなければ3年後、5年後のあなたの状況は今より悪化すると考えるのが妥当ではないでしょうか。

    現状に満足していない、将来が不安と感じているならば一歩踏み出す勇気が必要ではないでしょうか。

    でも、何かを始めるとなると嫌な問題がいろいろ発生すると想像し躊躇してしまいます。

    しかし、何もしなければ問題は起きないのではなく、何もしないでいる事が問題なのです。

    ●成功する人としない人の違いのひとつは問題に対する捉え方の違い

    一般的に、問題というものはなくなるものだと思っている人が多いのではないでしょうか。

    しかし、生きている以上問題はつきまとうのです。

    つまり、この問題を解決したら問題はなくなるということはありません。

    「この先問題がないということはない」と捉えれば、多少の問題に直面しても強いのです。

    問題解決能力を磨いて目の前の問題を解決しさらなる問題に向かっていく、その連続だと思えば何が起こってもさほど驚かないということです。

    ●問題があるということは行動していることの証

    休みの日に家でゴロゴロしていればさしたる問題は発生しないでしょう。

    ところが、家でゴロゴロしているのは問題だと考えて何かに挑戦してみようと思った瞬間から問題は発生します。

    そこで驚いてせっかくの挑戦を取り下げようとしてはいけません。

    行動することで問題が起こるのは当然のこと、と捉えれば何の事はありません。

    問題を恐れるのではなく解決することを楽しめるようになります。

    そうなるとあなたは、自分は確かに行動している、何かに挑戦しているという実感を掴むことができます。

    それは充実感を得ることになるのです。

    解決すれば達成感を味わえますね。

    階段

    ●問題を恐れる、避けるのではなく、向かって行くことが解決を早める

    問題を苦痛と感じると正面から向き合わず必要以上に恐れ回避しようとして解決を先延ばしにしようとしてしまいます。

    問題から目をそむけるのではなく自ら探し、見つけたら早急に解決する努力をすることです。

    早期発見は早期解決に繋がるのです。

    モタモタしていると問題は大きくなる場合が多いものです。

    多くを解決すればするほどその分経験値は上がります。

    問題解決能力は高まっていくのです。

    ひとつ解決すると階段を一段登ったということですがその階段はずっと続いています。

    しかし、間違いなく言えるのは登れば登るほど高いところに行けるということです。



    未来のあなたが今より高いところにいるためには階段を一段ずつ登る必要があります。

    今立っている地べたをそのまま歩いて行く事は楽かもしれませんが、その先はどんな未来が待っているでしょう。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:人生を変えたい 夢を実現させたい 問題解決能力 ネットワークビジネス オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス 成功法則

    「人生を変えたい」、「夢を実現したい」と多くの人は考えますが実際にそのための行動に移せるのは一握りです。

    行動する前に諦めている人がほとんどです。

    それはなぜか?やる前から「自分には無理」と思っているからです。

    ものごとはやってみなければ分らないはずですが、やらずしてそう思うというのも不可解な話ではないでしょうか。

    これについて、ここでは蚤の曲芸の話を引き合いにして書いてみます。

    ●蚤の曲芸―跳べない蚤をつくる方法

    蚤に曲芸をさせるためにはまず蚤が跳んで逃げてしまわないように、跳べない蚤にしなければなりません。

    今では生きた蚤を日常で目にすることはまずないでしょう。

    大半の人は見た事がないと思います。

    蚤には驚くべき能力があります。

    それはひと跳びで体長の約200倍の距離を移動できることです。

    なんと、身長170cmの人間に換算すると、340mの幅跳びができる計算になります。

    蚤には羽はありませんが発達した後ろ足が驚異的大ジャンプを可能にしているのです。

    それほどの跳躍力を発揮できなくするにはどうするかというと、「自分は跳べない」と思い込ませる(?)のです。

    思い込ませる(?)とは、具体的な方法は、蚤にコップを被せるというものです。

    コップの中の蚤は跳ぶ度にコップにぶつかりダメージをうけます。

    これを何百回と繰り返しているうちに自分で自分にブレーキをかけ、ぶつからない範囲でしか跳ばない様になるといいます。

    これは「自分はコップの範囲内でしか跳べない」と思い込んだ状態です。

    こうなったらもうコップをはずしても大丈夫ということです。

    コップという物理的な壁はないにもかかわらず見えないコップの存在は残り、そこから跳び出せなくなっているのです。

    ●人は成長過程を通じて無意識に自分の限界を自分で設定しそれに気づいていない

    人は親や教師、マスコミなどの影響、社会情勢や時代に影響を受けて成長します。

    学歴社会での挫折や仕事での様々な失敗などを通じて子供の頃にあった無限の可能性、跳躍する能力に自らコップを被せてしまうのです。

    この見えない壁のためにやる前から無理と思ってしまうのです。

    学歴がなくても、どんな生い立ちや家庭環境に育っても、現状がどうであれ、年齢が何歳であっても、跳躍を制限する要因にはなりません。

    実際にはないけれども、あると思い込んでいる見えないコップを取り外すのは、自分自身がこの事に気づいてもう一度自分の本来の跳躍能力を信じることしかありません。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:蚤の曲芸 ネットワークビジネス オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス

    ネットワークビジネスで起業するということは個人事業主、ビジネスオーナーとなります。

    ビジネスオーナーになれば誰かに指示されるということはありません。全て自分で判断し自分で行動しなければなりません。

    そしてその結果に対しては「全ての責任は自分にある」と考えなければなりません。

    結果は期待に外れることもあれば期待通りのこともあります。

    意に反して期待に外れた結果が出た場合、それを他人のせいや環境のせいなどに転嫁してはいけません。

    ●「他人のせい」という言い訳は何も解決しない

    結果の責任を他のものに転嫁することは自らを思考停止の状態に陥れます。

    思わしくない結果を客観的に分析、検証し、改善点を見出し次の行動に活かすことができなくなるということです。

    自分の行動の結果である以上要因を自分以外に求めることは、その結果から何も学ぶことは出来ず、再び同じような失敗を犯すことになるのです。

    これを繰り返していては成功には一歩も近づくことができません。

    一方その結果が期待通り、あるいは期待以上という場合もあります。

    その時は達成感に浸って自分を褒めるのも悪い事ではありません。

    それと同時に忘れてはならない大切な事があります。

    ●その良い結果は「他人のせい」にする

    つまり成果が出た時こそ周りの人達のお陰だと考え感謝するということです。

    よくあるのは自分の失敗は他人のせいにし、うまくいったらそれは自分ひとりで成し遂げたと勘違いする人です。

    これは成功者とはまるで逆の思考なのです。成功者は感謝というものの大切さを誰よりも分っています。

    感謝することで自分を取り巻く人や環境がポジティブに変わっていきます。そしてそれは物事を結果的に良い方向に導く大事な要素なのです。

    そう考えると感謝の気持ちは結果の如何に拘わらず常に持つべきものという事になります。

    うまくいかなかったら自分の責任、うまくいったら他人のお陰に感謝する、ということはビジネスオーナーに限らず大切なことなのです。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     




    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:個人事業主 ネットワークビジネス 起業 ビジネスオーナー 成功者 オンラインMLM 主婦 在宅ビジネス 稼ぐ

    WHAT'S NEW?