Photo Gallery

    何かを最後までやり遂げる際にやる気を引き出す有効な方法があります。

    それは「接近勾配の法則」を意識的にうまく利用するということです。

    ●「接近勾配の法則」とは

    例えば、あと少しでノルマ達成というところまで来ると自然とやる気がアップしたという経験はないでしょうか。

    これが「接近勾配の法則」といわれるもので、ゴールや目標達成に近づくと意識しなくても集中力、やる気がそれまで以上に高まるという現象です。

    「接近勾配の法則」を利用するためには達成する目標を設定しなければなりません。

    ブログを始めるときに100記事をいつまでに書こうという目標をたてます。

    仮に1日1記事休まずに書くとすると100日ですから3カ月と少しかかります。

    この場合およそ80~90記事くらい書いた時点で「接近勾配の法則」が働きそうですが80~90記事に到達するまでがなかなか大変でしょう。

    そこで最終目標は変更する必要はありませんが100記事に至るまでに10記事、30記事、50記事と小目標を設定します。

    そうすることによって、それぞれの小目標の手前で「接近勾配の法則」が働くわけです。

    いきなり100記事の目標に向かってひた走るよりもずっと気が楽になりますし達成の可能性も高まるのです。

    ●日々のタスクでもやる気を引き出す方法

    また、「接近勾配の法則」は日々のタスクにも働かせることができます。

    それはひとつのタスクが終わる寸前にわざと中断するのです。やりかけの仕事を残して、例えばランチにでかけます。

    戻って再開する時は「接近勾配の法則」が働くのですぐに仕事は片付きます。

    一日の終わりにも、その日のうちに終えられそうだったタスクをわざと残すのです。

    翌日はその続きから始める事になりますがタスク達成は目に見えている状態ですから「接近勾配の法則」によってスムーズに取りかかれ一気に進むでしょう。

    そしてそのタスクが終わってもモチベーションは高まっていますからそのまま次の仕事に集中して入っていけるのです。

    このように「接近勾配の法則」をうまく利用することでやる気をコントロールできるのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:接近勾配の法則 やる気 ネットワークビジネス オンラインMLM 成功法則 主婦 在宅ビジネス 稼ぐ

    何か行動を起こそうとしたとき、様々な障害が発生するものです。

    そのような障害の中でも自分ではなかなか気づかないものがあります。

    それは外的なものではなく内的なもの、自分自身の心のブレーキなのです。

    無意識に「それは自分にはできるはずがない」、「失敗したらどうしよう」などと、行動する前に否定している固定観念のようなものです。

    これはメンタルブロックといわれるもので、意識はアクセルを踏んでいるのに無意識的にブレーキとして働き、行動を阻害するものです。

    人は成人するまでの間に様々な経験をしますが、その経験毎に記憶される失敗やまわりからの批判によってメンタルブロックは固まっていきます。

    生まれて3歳くらいまではメンタルブロックはありません。

    その後の幼少期に基礎がつくられ15歳前後で完成されるといわれています。

    意識の上では「現状を変えるためには何かを始めなければ、行動を起こさなければ」と思うのに何故か最初の一歩が踏み出せない、というのはこの心のブレーキが原因なのです。

    そしてやっかいなのは、それは誰でも無意識に持っているもののため簡単には気づかないことです。

    メンタルブロックがあるかぎり行動が阻害され物事が思うように進展しません。

    メンタルブロックは「やらない理由」、「できない理由」を探させるネガティブなものです。

    「それを出来るにはどうするか」というポジティブで発展的な考えを生みださないのです。

    走りだすためには、自分の中のメンタルブロックという心のブレーキに気づき、これをはずす必要があるのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:メンタルブロック ネットワークビジネス オンラインMLM 成功法則 主婦 在宅ビジネス 稼ぐ

    ラーメン屋の前に行列があると、食べてもいないのにこの店のラーメンはおいしいと勝手に思い込むものです。

    これだけの人が並んでまで食べようとするのだから、おいしいに違いないと思うのは自然です。

    つい並んでしまうということがありますね。

    その時は時間がなくて並ばなくても、このラーメン屋のことは強く記憶に残り今度行ってみようと思うものです。

    人は行動するとき、または何かを決定するとき、他の人の行動を基準にしながら決める傾向があります。

    人間のこの特性を社会的証明の原理と呼びます。

    他の多くの人が行っている事は無意識のうちに正しいと判断し、自分もそれに合わせようとするのです。

    実はラーメン屋にかぎらず社会的証明の原理をうまく応用して集客に生かしている場合もあるのです。

    計算ずくで店内を狭く設計し意図的に行列が出来るようにしているということです。

    そうなると、行列とラーメンの味に因果関係はありません。

    これを知ると騙されたような気分になるかもしれませんが、「行列の出来るラーメン屋はおいしい」とは誰も保証していません。

    社会的証明の原理によって客が勝手にそう思い込むということなのです。

    ●社会的証明の原理は他にも様々な場面で使われている

    社会的証明の原理を利用した例はいろいろあります。

    バラエティ番組の録音笑いでは、さほど面白くない場面でもついつられて笑ったりしてしまうものです。

    募金箱を透明にしてあらかじめお金をたくさん入れておくと、これを見た人は、すでに多くの人がこんなにも募金をしていると思い込み募金に対する抵抗が薄れます。

    募金の内容をろくに確かめもせず自分も募金をしなければという心理に陥るということです。

    通販番組で注文の電話番号を伝えた後に「大変申し訳ありませんが、電話が混み合いつながりにくい場合がございますので、何度かお掛け直しください」と付け加えます。

    視聴者はそんなに注文が殺到する商品なら信用できると思い込みます。

    広告のコピーでは、「○○部門で10周連続売上NO.1!」、「累計売上432万本突破!」などなど至る所に使われています。

    売れているということは多くの人に支持されていることを意味します。

    「それほど売れているものなら良いものに違いない」と思うのはやはり思い込みなのです。

    お客様の声やレビューも同様です。

    実在する他人の意見には、思いのほか大きな影響力があるのです。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ラーメン屋 社会的証明の原理 集客 ネットワークビジネス オンラインMLM 主婦 在宅 稼ぐ 成功法則

    モチベーションとは人が何かをする際の動機づけや目的意識、目標を目指した行動のことです。

    語源は、モーティブ「MOTIVE」とアクション「ACTION」の二つの語が合成されたものです。

    MOTIVE(モーティブ)の意味は、動機、理由、目的でACTION(アクション)の意味は、行動、活動、働きです。

    これらを合わせると「目標を目指した行動」ということになります。

    よく「モチベーションが上がったら行動しよう」、「モチベーションが低くて行動できない」と言います。

    ●モチベーションは行動しないと上がらない

    実は何もしないでいる時に「やる気スイッチ」が突然入るということはありません。

    人間は、行動していない時に「やる気」は出ないのです。

    実際には行動をすることでモチベーションが上がってくるということです。

    多くの人はこのことに気づいていないので逆の解釈をしているわけです。

    つまりモチベーションが上がるまで待っていても時間の無駄というものです。

    ●モチベーションを上げるためには行動を始めること

    とりあえず何でもいいから行動をするということが重要なのです。

    まずは5分でも10分でも何かを始めてみます。

    例えば最初は面倒くさいと思っていた掃除などもイヤイヤでもやり始めると、だんだんあちこち気になる所が出てきてやめられなくなったりするものです。

    多くの人はモチベーションを上げてから行動しようとするために悩みます。

    それではモチベーションは上がらないのです。

    行動するからモチベーションが上がるのです。

    これは行動心理学で「作業興奮」と呼ばれています。

    ●作業興奮を理解すればモチベーションは簡単に上がる

    モチベーションが上がるまで行動しない、ではなく行動すればモチベーションが上がるということです。

    作業興奮とは何かの作業を始めることによりだんだん脳が興奮してきて高いモチベーションが維持されるというものです。

    したがってモチベーションを上げるための最も有効な方法は、簡単な行動を始めて作業興奮を起こすということになります。

    毎日簡単にやれる事を決め、それが習慣化されればモチベーションが上がらないなどと悩む事もなくなるでしょう。

    この毎日の行動がいつのまにか一カ月、半年、そして一年と積み重なり大きな成果になっていくのです。

    あれこれ考えてばかりでなかなか行動に移せなかったような人は、モチベーションと行動との関係をよく理解する必要があります。


    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:モチベーション ネットワークビジネス オンラインMLM 成功法則 主婦 在宅 稼ぐ

    WHAT'S NEW?