Photo Gallery

    「ABC」というと一般に「○○○の初歩、入門。」という意味もありますが、ここではネットワークビジネスの勧誘手法である「ABC」のことを書いています。

    1人対1人で勧誘するというのはごく当たり前のやり方で特に解説することもないでしょう。

    「ABC」は2人対1人で行うやり方です。

    Aは、「Adviser」の略で、ビジネスや製品を説明する役の人です。Bさんの紹介者や更にその上のアップが務めます。

    Bは、「Bridge」の略で橋渡し役の人、つまり見込み客を連れていく人です。

    Cは、「Customer」の略で見込み客、つまりBさんの友人や知人です。

    ●「ABC」の流れ

    まずBさんは友人Cさんを勧誘したいと考えます。そこでCさんに電話をかけ適当な理由を作ってファミレスやカフェ等に誘います。

    そこには説明役であるAさんが、すでに待ち構えています。

    そこでBさんは、説明役であるAさんに、友人Cさんを紹介します。

    Bさんはこのビジネスの初心者です。

    アップのAさんがBさんに代わってCさんにビジネスの説明をします。

    AさんがCさんに説明している間、BさんはAさんの話に頷いたり相槌をうったりしながら口は挟まない様にします。

    Aさんの話し方や態度などを学びます。

    Cさんは話に納得してビジネスに参加することを決断します。

    そして将来Cさんが新しくDさんをリクルートする時にはBさんがAさん役になります。

    ●事前に「ティーアップ」をしておくことが大切

    「ABC」の最中、BさんはAさん、Cさんの発言に対して頷いたりそれなりの反応をして、場の盛り上げ役に徹します。

    そしてAさんの情報を「ABC」を行う前にCさんに伝えておくことが重要です。これを「ティーアップ」といいます。

    CさんにAさんを信頼してもらい興味を持ってもらえるように前もってセッティングしておくということですね。

    ●「ABC」という勧誘手法が必要な理由

    Bさんはビジネス初心者です。まだ他人を勧誘した経験もありません。

    ビジネスや製品の知識もまだまだ勉強中という段階です。

    自分に確信、自信があったとしても、ビジネス初心者ではなかなか相手にしてもらえません。

    そこで既に実績のあるアップの力を借りるということになります。

    ビジネス初心者のBさんが孤軍奮闘するよりははるかに合理的な方法と考えられています。

    ●「ABC」が違法行為とみなされる恐れがある

    AさんがBさんにかわってCさんに説明すること自体は問題ないでしょう。

    問題は見込み客を連れて来るさい、予め内容や目的を明確にしているかどうかという点です。

    特定商取引法という法律では、MLMの勧誘行為をするときには事前に会社名や内容を全て告げなくてはならない、ということになっています。

    しかし、詳しいことはAさんから話すのが「ABC」の鉄則です。

    事前にどこまで説明していれば法に抵触しないのか?

    事前に全て詳しく説明してしまっては「ABC」をする意味がなくなりますし、来る人はどれほどいるでしょうか。

    ●<オンラインMLM>に「ABC」という手法はありません

    <オンラインMLM>では勧誘をしません。

    インターネットで集客するため勧誘にまつわる問題はいっさい気にする必要がないのです。



    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス ABC 勧誘 ティーアップ 特定商取引法 集客 オンラインMLM 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス

    WHAT'S NEW?