Photo Gallery

    20世紀は「組織の時代」といわれます。

    どんな組織に属しどんな肩書を持っているかがその人を判断するひとつの基準になっていましたね。

    21世紀に入り時代は大きく変わりました。

    産業社会から情報化社会へと変わったのです。

    その変化は歴史上産業革命時代に匹敵するかそれ以上の社会変化とまで言われています。

    21世紀はグローバル化とITの進化によって、個人が力を持ち、情報発信するパーソナルな時代です。

    国や会社などの組織に頼れない「個の時代」となりその傾向はますます加速しています。

    もはや会社の歯車のひとつとなって頑張っても思うように稼げないのが現実ではないでしょうか。

    不安定な組織はいつ消滅するかわからず、テクノロジーイノベーションによる産業機械の隆盛で近い将来自分の仕事がなくなるかもわからないという状況です。

    加速する「個の時代」を生き抜くにはどうするかということが多くの人にとって喫緊の課題となっているでしょう。

    このような時代に必要なものが「自分軸」なのです。

    ●既成概念に捉われない「自分軸」を持つこと


    「自分軸」を持つとは時代の変化に即応できるよう「自分の価値基準」を常に見直し既成概念に捉われない判断と選択をしていくということです。

    21世紀の「個の時代」では20世紀の「組織の時代」の常識はもはや通用しないのです。

    あてに出来ない組織には頼らず自主・独立の考え方で後悔しない生き方をするためには「自分の価値基準」を刷新してゆかねばなりません。

    個人の知識、スキル、発想次第で収入が大きく違う時代になっているのです。

    21世紀の「自分軸」を持ち自らが動いて知識、スキルを磨いていかなければ生き残っていくことは難しい時代なのです。

    ●<オンラインMLM>は「個の時代」にこそ活きる

    「個の時代」の21世紀では職業観、労働観も大きく様変わりし収入を得る方法も多様化しています。

    SOHOやフリーランスという言葉はもう抵抗なく受け入れられていますね。

    その中でも「労働収入」の限界を超えるビジネスモデルとして注目されるのが<オンラインMLM>です。

    個の可能性を引き出し経済的自由と時間的自由をもたらす新しいかたちの「権利収入」獲得を可能にするものです。

    特別な人しか得られない「権利収入」ではなく誰でも望み得る新しいかたちの「権利収入」獲得を可能にするのが<オンラインMLM>なのです。

    多くの人が「労働収入」の限界に気づき<オンラインMLM>に取り組みはじめています。

    「自分軸」を持ち既成概念、先入観に捉われない判断をすればその価値を理解することができるでしょう。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!
     


    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:個の時代 自分軸 情報化社会 オンラインMLM 権利収入 主婦 稼ぐ 在宅ビジネス 成功法則 労働収入

    わし


    ネットワークビジネスに参加することはネットワークビジネスの会社と雇用関係を結ぶことではありません。

    当然、出社の義務はありませんし上司から指図されることもありません。

    職場の人間関係に悩むということもありませんね。

    会社から何かを強制されたりノルマを課せられたりすることもありません。残業も、決められた休日も定年もありません。

    雇われるのではありませんから定額の給与が毎月支払われることはありません。

    ただひとつの条件は会社の製品を愛用することです。

    しかし製品を愛用しているだけでは報酬が発生しませんからビジネスや製品の情報を世の中に提供することがビジネス活動となります。

    ●サラリーマンは気楽な稼業なんて時代は遠い昔

    通常の雇用関係の中では努力がなかなか給与や賞与に反映されないのが現実です。

    求人募集の広告にはほぼ必ず「昇給年1回、賞与年2回」と謳われていた時代はとっくに終わりました。

    そんな時代では特に大きな失敗などしないで勤めていれば誰でも毎年給料は上がり続け、必ず年2回の賞与が約束されていたのです。

    しかし今になって、冷静に考えればあらゆる会社が永久的に毎年業績を上げ続けることはないはずですが誰も不自然とは感じていなかったのです。

    今では給料が上がる期待よりも下げられる不安に悩むケースのほうが多いでしょう。

    ●雇われることを嫌うなら独立して自営業を始める

    独立して自営業をしたいという人は多いようです。ある程度の資金を確保でき、リスクを恐れなければ可能です。

    雇われないからといっても自営業は自由業ではありません。仕事上の全責任は自分にかかってきます。

    開業医や弁護士などには高額所得者が多いでしょうが自営業であることに変わりはありません。

    ●雇われても雇われなくても「労働収入」には限界がある

    会社員も自営業者も「労働収入」という点では同じことなのです。

    高額な稼ぎがあれば時間的な自由が少ない、時間的な自由が多いということは仕事がヒマということですから収入は少なくなってしまうのです。

    最悪なのは収入も時間的自由も満足に得られない状況ではないでしょうか。

    労働収入であり続ける限り経済的自由と時間的自由は両方同時に満たされないのです。

    ●労働収入から権利収入への移行を可能にするビジネス

    ネットワークビジネスは個人事業主としてスタートします。始めはやはり労働収入です。

    何も保障はされませんが、ある程度の段階に至れば努力は収入に反映されるようになります。

    何もしなければその段階には達しませんし当然収入もありません。

    しかし組織ができてきてレバレッジが働くようになれば個人の仕事量を大きく上まわる収入へと変化していくのです。

    この段階になればほぼ、労働収入から権利収入に移行しているといえます。

    組織がある限り継続して収入が発生するからです。

    これが自分のネットワークを所有した状態であり、ビジネスオーナー(Bクワドラント)になったということです。

    この収入システムには上限はありません。続けてやれば、やった以上の結果を生み出します。

    ここにきて労働収入では不可能な、経済的自由と時間的自由の両方が同時に満たされることになります。

    通常の雇用における給与システムや自営業の労働収入ではこのようなことは起こりえません。

    ●最後に、蛇足になりますが…

    基本的に資本主義の雇用関係のなかでは雇う側と雇われる側は利害が真っ向から対立します。

    ネットワークビジネスは雇用関係ではありませんが、会社と会員の間にこのような利害の対立は起こりません。

    会員の努力の結果は会社の業績につながります。会社の業績アップは、さらにより良い製品やサービスの開発などにあてられ社会や会員に還元されるのです。

    企業と個人の関係が対立ではなく共生・健全な関係にあるのは特筆すべきユニークな点であると思います。


    ◆<オンラインMLM>最新情報!


     




    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
     クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:職場の人間関係 報酬 自営業 資金 高額所得者 労働収入 自営業者 会社員 権利収入

    WHAT'S NEW?