Photo Gallery

    電車化粧 


    世の中にはいかがわしいショーバイが溢れていますね。

     

    商売と表記するとまっとうな商売に失礼と思い、敢えてカタカナ表記にしました。

     

    ネットワークビジネスもその類のひとつだと思っている人も多いでしょう。

    それについてここで書く気はありませんが、この新聞記事を読んで

    スッキリした秋晴れのような心持が得られたので全文シェアさせて

    いただきます。

     

    SNSで記事の「電車内化粧」についてちょっと取り上げたら

    「気にならない」、「他人がとやかくいうことじゃない」「眺めてると面白い」

    という方もいました。

     

    僕はこの記事が「万人の賛同を得るべきもの」だとは思っていません。

    様々な感じ方の人がいろいろな意見をもって共に生きている、

    それが社会です。

     

    しかし法律を制定するほどのことではないが他人に迷惑を及ぼす行為は

    たくさんあります。

     

    法に触れなければなにをやってもいい、というわけにはいきませんよね。

     

    そういう事に鈍感で気づかない人は少なからずいるのは事実でしょう。

     



    (以下引用。毎日新聞2017910日掲載)

     

     

    強い香水、電車内で化粧…

    公衆の迷惑に鈍感な人々

     

    電車で、隣に座った女性が、その世界に疎い私でも「明らかにあの銘柄だ」とわかる、私が嫌いな香水をつけている。オシャレのつもりだろうが、なぜ無関係の私にまで嗅がせるのか理解に苦しむ。おめかししてどこかの名店でディナーを楽しむのかもしれないけれども、ご一緒するご仁もこの強烈さでは気の毒だ。2日で一瓶が空になるのではないかというぐらいの強さで匂いを放っている。寿司屋のカウンターなどでこういう人が隣にきたら、わざとご本人にわかるような形で席を変えてもらうが、空席がなければ迷わず店を出る。

     

    ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で読んだ話だが、電車内で投稿者の隣にいた美人女性が化粧をしていたそうだ。近くに二枚目の男性がいて、彼が途中の駅で降りる際に、紙片を女性に手渡したとか。いわゆる「電車内ナンパ」でメールアドレスでも伝えられたのか。彼女は爽やかな彼の後ろ姿を目で追い、高揚した面持ちになり、持たされた紙に目を落として一瞬固まっていたそうだ。すかさず横からのぞき見したら、「家でやれ」と書いてあったとか。

     

    もうひとつは先日、大阪にある料理店の店主から教えてもらった話。彼が地下鉄に乗っていると、空いている隣の座席に70代と思われる清潔そうな紳士が「失礼します」と座った。洗練された所作に感心していると、新聞を取り出して、それはもう慣れた手つき、何のジャンルかはわからないが熟練の職人のように新聞紙を最小限の空間の中でご自身の肩幅以下に畳み、読み始めた。

     

    ふと前に目をやると、向かいの席に座った30代の女性がせっせと化粧をしている。店主が「またか」と思って見ないようにしていると、読んでいた新聞を膝あたりに下げた隣の紳士が、向かいの女性を見据えて、これまた最小限の声で、しかし相手にははっきりと聞こえる声で、「パンツは家ではいて来い」と注意した。険悪な空気が流れるかと思えば、向かいの女性は「すみません……」と小さな声で言って、すぐに化粧道具をしまったそうだ。

     

    時間がなく、致し方なく作業をしていたところだったのだろう。しかし、この言葉の選び方の絶妙な例えが、最小で最大の効果を発揮する気持ち良さに店主は大いに感服したという。もちろん、相手を選んでの処置だったのだろう。この女性が、瞬時にその言葉の趣旨を理解する判断力を持っていたこともよかった。

     

    以前にも書いたが、「誰にも迷惑をかけていないじゃないの」という反論がよくあるけれども、迷惑かどうかはハラスメントと同じで、その意図があったかどうかは別問題だ。

     

    携帯電話で所構わず通話をすることにも、「周りの人の会話ほどの声を出していないからいいではないか」と思っている人が多い。相手の言葉が聞こえず虫食いになった会話は、心理的に不健康なストレスを感じるということがわかっていないのだろう。

     

    化粧にしても、その同じ空間にいる異性、もちろん時には同性にも、「あんたらなんか目じゃないのよ」と、いらぬ宣言をされていることと同じだから不快なのだが、自覚していない人の多さには参ってしまう。

     

    もし多くの女性がいるところで、男性がカツラを外して頭皮の汗を拭いてセンスで頭とカツラをあおぎ始め、きれいに装着し直すという行為を見たら、もちろん楽しむ人もいるだろうけれども、快適でいられる人ばかりではないのではないか。

     

    なぜトイレのことを「化粧室」というか、考えてほしいものだ。

     

    松尾貴史(放送タレント)



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!

     クレカフラグ 


    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。 



    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 

    ※合言葉は「天使」とお書きください! 

    詳しくお伝えします! 

    ↓↓↓↓↓↓

     友だち追加 




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは 

    こちらから資料請求してください 



    誰かに指図されて生きる人生より、 

    自分の思うがままに生きる人生の方が 

    最高にエキサイティング! (ゲイリー・ヴェイナチャック) 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    札束バッグ


    雑誌「PRESIDENT」の記事をダイジェストしてみました。
    (2017.6.12号より)


    まず富豪と貧乏人は習慣で、大きく分けて5つの点で違いがあることがわかった。

    1つ目は、富豪は常に費用対効果を考えてお金を使うということ。

    高級品やブランド品を買う際も、費用対効果をシビアに見る。
    片や貧乏人は目先の値段の安さで選び、「安物買いの銭失い」の行動パターンを辿る。

    2つ目は、富豪は徹底してムダな時間を嫌い、
    1分1秒を大切にする姿勢を貫いているが、
    貧乏人は気分の赴くままに漫然と時間を浪費してしまうこと。


    3つ目は、富豪は友人を厳選すること。
    信頼できる人だけを友人とし、友人がいなくても苦にしない人が多い。


    そこが孤独を嫌ってムダに友人を増やす貧乏人との差だ。

    4つ目は、富豪の多くが常に投資の発想を持って
    お金を着実に増やしているということだ。


    常にリターンを計算して、それが期待できるところにお金を振り向ける。
    リターンを気にせず、欲しいものを買う貧乏人は、すべてが浪費となる。

    5つ目に、富豪は自分でいいと思ったことは即実践し
    習慣化する芯の強さを持っているということ。


    一方、貧乏人は有益な話を聞いてもスルーして忘れるか、たとえ実行しても三日坊主で終わってしまう。


    ●富豪は金持ちになるべくしてなる

    億単位の資産を築く人の5つの良い習慣

    ◎フェイスブックの友達が少ない
    「少数の友人との濃いつきあいを好み、孤独に耐える力を持っている。」

    ◎コンビニに行かない
    「常に費用対効果を考えるので、定価販売のコンピニは割高と考える」

    ◎投資が好き
    「元手を貯めて金融商品に投資し、お金を大きく増やしている」

    ◎早起きを欠かさない
    「自分で決めた習慣を守り続ける芯の強さを持っている」

    ◎飲み会は3時間以内に切り上げる
    「自分の時間を大切にするので、ダラダラ飲みはムダだと考える」


    ●貧乏人は貧乏になるべくしてなる

    お金が貯まらない人の5つの悪い習慣

    ◎コンビニに頻繁に行く
    「費用対効果の考えがないので、割高なコンピニでお金を浪費する」

    ◎飲み会は2次会、3次会まで続く
    「ダラダラ飲みを好み、いつも時問を浪費する」

    ◎買い物が好き
    「欲しいものはつい買ってしまい、いつまでも貯金ができない」

    ◎朝ギリギリまで寝ている
    「意志が弱いため、早起きの習慣が続かない」

    ◎フェイスブックの友達が多い
    「友人の数が多いことに満足し、個々のつきあいは浅いまま」


    ■時間管理編

    無駄な時間は極力削る富豪の合言葉は「タイムイズマネー」

    富豪たちの1日の始まりは早い。起床は5時台と6時台とで半数を超えている。

    「お金持ちは、タイムイズマネーの考え方で貫かれていて、すべてにおいて時間対効果にシビアです。

    だから生産性.が最も上がる朝の時間帯を有効に活用しています。

    就寝時間も早く、約3割が23時台に寝ている。「朝が早い分、夜は早く眠くなるわけです。

    小金持ちは『ワールドビジネスサテライト」を見て、億万長者は『Newsモーニングサテライト」を見ています。

    その差が資産や年収の差になる。早寝早起きはお金を貯めるうえでの基本のようだ。

    睡眠時間も6~7時間台が約6割と、しっかり寝ていることがわかった。

    睡眠時問はアウトプットや仕事の効率に直結しますから、睡眠の質と量にはこだわります。

    それを裏付けているのが、飲み会の退出時問だ。

    スタートが19時でも21時台までに退出する人が半数以上を占める。

    総じて富裕層の人たちは、健康を気にしてお酒はたしなみ程度。

    億万長者にとって酒席はリスクでもあります。

    口を滑らせたり口論を吹っかけられたり、ハニートラップを仕掛けられたりと、

    何かと災いのもとになるため長居はしません。

    そんな富豪の時間感覚を象徴しているのが通勤時間。

    10分未満が33・3%と1位。億万長者は通勤時問ほどムダなものはないと考えています。

    持ち家があっても、平日だけは会社の近くのホテルに泊まる人もいますし、
    オフィスのあるビルの上のヴィラに住んでいる人もいます。

    頑張って郊外に二階建てを建て、1、2時間もかけて通勤している一般庶民とは正反対だ。

    1分1秒をムダにしないとはいえ、待ち合わせ時間には、63.7%が10分前には到着。15分前という人も28%。

    わずかな遅刻でも相手によって信頼を失うリスクの大きさを知っているからです。

    自分が時間を大切にしているからこそ、相手の時問をムダにしないのです。


    ■人づきあい編

    敵をつくらない、友人は厳選―富豪のソツがない処世術

    富豪には、気を許せる友人が少ないようだ。

    「成功した人には言い寄ってくる人が増えますから、人への警戒心も高まります。

    そもそも普通の人とは考え方のレベルも違っているので、
    「次第に知人とは話が合わなくなる」と漏らす人も少なくありません。

    まったく「いない」と言う人も17.7%に達する。

    富裕層には経営者が多く、大事な決断は誰にも頼れない人たちですから、
    それも仕方ないと思っているはず。

    その一方で、初対面で相性がよくない人ともメリットがあればつきあうという結果も出ている。

    相手がビジネスを運んでくる可能性への期待と、むげに拒絶することで敵をつくるリスクとの両方があります。

    嫌いなタイプへの対応にもソツがないのが富豪になる人の特徴だ。

    つきあいたいタイプは、趣味や好みが合う人が最も多かった。

    「異業種」「専門分野を持つ」「博識」の人の割合が高い。

    富豪は人づきあいにも時間対効果を意識しています。

    総じて学ぶ意識が高く、幅広い人から新しい価値観を得たいと思っています。

    家族以外で酒を飲む相手も、社内より社外の人が圧倒的に多かった。

    「異性」が2割近くいることにも理由があるらしい。「誰にとっても一番わからないのが異性のことです。

    特に経営者はよくグループで異性を交え、食事会をすることもあり、それを通じて勉強しています。

    もちろん仕事や会社に関係ない人を誘います。

    人づきあいに役立つはずのSNSを利用しない人は約6割もいた。

    またフェイスブックの利用者も友達は「100人未満」が55.3%とこちらも消極的。

    「浅く広くより本当に気の合う人とだけ濃くつきあいたいというのが富裕層の考え方です。

    ネット上の繋がりは求めません。

    8%のインスタグラム利用者に注目すると、
    この年代(平均年齢54.9歳)でインスタをしているのは情報感度が高い証拠。

    時代についていこうとする意欲を感じます。


    ■資産運用編

    若いうちは株で攻め、60歳以降は手堅く定期で運用する富豪の法則

    投資か貯蓄か―お金を増やすのに、富豪の56.7%が選んだのは投資だった。

    お金持ちになる人は、常に未来に向けて時問もお金も投資し続けようと考えます。

    お金を増やす目的は「安心のため」という人が約6割だった。

    小金持ちでは旅行・レジャーや教育の割合が高くなりますが、このクラスになるとその心配もありません。

    お金を貯めるコッは、お金の不安をなくすことを人生の目標にすることです。

    金融商品選びで重視するのは、「利回りの良さ」「値上がり期待」「元本保証」とに分かれた。

    30代、40代は攻めの思考、50代、60代以上では守りの思考ということです。

    株など「値上がり」でひと財産つくったら、「利回り」重視で長期運用していくのが富豪の資産運用です。

    資産運用の中身は株が圧倒的に多く、次いで定期預金。

    遺産を相続した人と自力で成り上がった人とで分かれます。

    相続タイプは増やすより守りを重視するので、手堅い定期預金を選びます。

    さらに個人年金保険と不動産投資・REITの割合の高さに注目すると、

    最小リスクで投資を行うことができる個人年金保険や、
    一般には手を出しにくいREITを保有しているところには金融リテラシーの高さと、
    リターンへのこだわりが見えます。

    最も多額のお金をかけているのは金融機関の預金と株に二分された。

    これも年代による違いで、もっと増やしたい若い世代は株に投入しますが、
    60代以上の人では預金口座に数千万円人っていないと嫌という人も少なくないです。

    生活設計はどれくらい先を見通しているのか。「20年以上先まで」という答えが37.3%に達した。

    寿命から逆算して生活設計をしているわけです。

    企業経営と同じで、個人も中長期の計画がないと目指す方向を見失ってしまいます。

    長期計画もないままお受験にマイホームにと目先で動いていては、いつまでたっても富を築けないのです。


    ■消費編

    悪目立ちを避け、実利重視でお金を使うのがお金持ちになる秘訣


    富豪はどんな消費生活を送っているのか。

    まず所有する車は新車と答えた人は7割弱に達した。

    新車のほうが長持ちするからという投資対効果の選択です。

    ちなみに企業オーナーや開業医は外車を好み、
    地方の名士や住職などは目立つのを嫌って国産の普通車が多いです。

    「所有していない」が2割近くいることに注目すると
    「不自由がないなら、なくてもいいと合理的に考える新世代富裕層の存在が垣間見えます。

    富裕層は時計など外から見えないところにお金をかけるのです。

    「100万円以上」の時計を持つ人は約25%に上る。

    お金をかけるのは人に妬まれる恐れのない目立たない部分だという。

    反対に「5万円未満」の割合も高い。

    ここにもブランドより実利をとる新世代富裕層の存在を感じます。

    高級品に憧れを持たない新しい富豪像も浮き彫りになりました。

    服飾代も1カ月に「5000円未満」が36.3%と意外に低かった。

    商売道具のスーツにはお金をかけても、下着などは消耗品と割り切って
    ユニクロでいいという人は多いのです。

    60代の人は、普段ジャージで過ごす人も少なくない。

    食事にも案外賛沢をしていなかった。

    昼は時間がないのでお弁当で済ませる人が多いです。

    ディナーの金額は会合やパーティを想定した金額だと思われます。

    大事な会食なら1万円以上はかけます。そして融通が利く行きつけのお店を選びます。

    コンビニに行く回数は少なかったが、定価販売が基本のコンビニは割高だと思っているからです。

    コンビニとスーパーが家から等距離にあれば、スーパーに行く、
    費用対効果を気にするのが富裕層の特徴なのです。

    富豪の暮らしぶりを見れば、お金が貯まる秘訣とは、
    ムダな出費を極力抑えようと努める合理的な姿勢にあるということがよく伝わってきます。



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)








    このエントリーをはてなブックマークに追加
    HONDA


    クルマの免許をとって最初に乗ったのがHONDAでした。

    その前のオートバイではSUZUKIにはじまりYAMAHA、HONDAと乗り継ぎました。

    HONDAの大型に乗っていた時、ヤマハ発動機との取引が始まり契約調印のために
    本社がある磐田市まで行かなければならなくなりました。

    ツーリングを兼ねてバイクで行ってみました。
    その後別件で姫路のホテルを視察する用もありました。

    磐田市に入ると目に入るバイクはすべてYAMAHAです。

    ヤマハの駐車場までたどり着きましたがとても入場できる空気ではナイと感じ
    冷や汗がふき出てきました。

    仕方がないのでその場を離れ田んぼの人影のないところでスーツに着替え、
    バイクはそこに置きっぱなしにして三十数分歩いて汗だくで会社に着きました。

    今思えば笑ってしまう過去の想い出です。


    さて、ここではホンダの創業者本田宗一郎について書かれた記事からの学びをしたためてみます。

    (以下2017年7月2日読売新聞の記事より引用)

    失敗は成長のエンジン



    生涯ものづくりに心を砕いた本田宗一郎。
    昭和を代表するエンジニアの少年時代の面影を追って、ふるさと・浜松市天竜区を巡った。

    顕彰施設・本田宗一郎ものづくり伝承館は、レトロな外観が印象的だ。
    1936年に旧二俣町役場として建てられ、2003年に国の有形文化財に登録された。

    館内には、歴代のホンダのオートバイとともに、
    小型の補助エンジン付き自転車が展示されている。

    創業してすぐの1946年秋、本田は旧陸軍が無線機の発電に使った小型エンジンを見て、
    改造して自転車に載せることを思いついたという。

    終戦間もなく、交通機関が発達していなかった当時、この自転車用補助エンジンがヒット。
    本格的なオートバイ開発の原動力となった。

    伝承館のそばにある清瀧寺は、徳川家康の長男・信康を供養するために建てられたとされる。
    周辺では徳川と武田両軍の攻防戦が繰り返され、武田側と内通していると織田信長に疑われた信康は、
    近くにあった二俣城で自刃させられた。

    悲劇が伝わる古刹(こさつ)には、本田ゆかりの釣り鐘がある。

    清瀧寺の鐘は、時報に用いられていた。

    ある日、腹が減ったので、まだ午前中なのに正午の鐘を突いた。

    周りはもう昼かと勘違いし、腹ぺこの少年はまんまと早い昼食にありついたそうだ。

    「お地蔵さんの鼻を格好良くしようとして削り落としてしまったり、
    学校の金魚が赤いものぱかりではつまらないから青ペンキで塗ってみたり…。

    かなりのわんぱくだったようですよ」。

    伝承館を運営するNPOの大橋武司理事長が笑う。

    本田が卒業した尋常小学校は、自治体合併などを経て、
    浜松市立光明小学校となった。

    空き教室を利用した資料室には、
    「ここはあなた自身が夢や希望を語り『試す人』になる部屋です」と書かれている。

    本田直筆の色紙やホンダのオートバイなどが展示されているこの部屋で、
    子どもたちは先輩の足跡をたどり、自らの将来を思い描く。

    同校創立100周年を記念し、73年に本田が在校生に贈ったのは、「試す人になれ」と題するメッセージ。

    「一番大切なことは、試してみること」で、「失敗はつきもの」。

    失敗したら「その原因をよく確かめ」「反省してみることが大切」と続け、
    「勇気を出して試してみる人になって下さい」と結んだ。

    「挑戦を促すだけでなく、同じ失敗を繰り返さな いためには何が必要か説いているところが素晴らしい」と、
    中谷好一校長(55)。

    希代のいたずらっ子が、校長先生にほめられて、草葉の陰で頭をかいているような気がした。


    いちばん大切なのは試したり

    (引用ここまで)


    ●常識にとらわれない自由な発想で「試す」はビジネスにも必要

    ビジネスを進めて行くとさまざまな困難にぶちあたりますね。

    想定外のものが殆どです。

    計算通り、マニュアル通りに行かないのがあたりまえと思わなければやっていけません。

    インターネットで集客する<オンラインMLM>も10年以上の歴史があるといっても僅か10年です。

    先達が苦労して築きあげてきたノウハウもドッグイヤーといわれる昨今の、
    変化のスピードには太刀打ちできない場面もままあります。



    「失敗は成長のエンジン」という言葉は素直に頷けます。

    「いちばん大切なのは試したり」という言葉は新鮮に響きました。

    歴史好きの先輩に「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という言葉を教わりましたが
    子供のころから歴史に興味がなかった僕は何か違和感を覚えていました。

    しかし歴史をあまりにも蔑ろにしてきたため恥ずかしいほどの歴史オンチ。

    「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」ということの意味はある程度理解できますが
    何かひっかかるものがあるのです。

    それには「経験」を軽んじる態度が見え隠れするからでしょうか。

    現実には何か問題にぶち当たった時歴史に学んでいるヒマなどありません。

    やってみる。あ~だこ~だ考えるより試してみる。
    過去の常識など一旦捨ててでも失敗など恐れずに行動すること。

    本田宗一郎の言葉から学んだのは「経験」の積み重ねの大切さです。

    試さなければ次のステップには進めない。

    頭でっかちの成功できない賢者より成功に突き進む愚者でありたい、ということですね。



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)









    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス オンラインMLM

    老夫婦


    いきなり結論めきますが、キイワードは、「健康」と「経済」と「人との繋がり」だと思うのです。

    まさに人生の後半戦まっただ中の今強くその事を感じます。

    例えば歯。誰しも年齢とともにその数は減ってゆきますが今になって思うのです。

    若い時からもっともっと大切にケアしてあげれば良かったな、と。

    歯は一例にすぎません。「健康」も「経済」も「人との繋がり」も然りだと思うのですが、
    あとの祭ですね。


    ●昔から言われ続ける「健康第一」に異論を唱える人はそういない

    長寿国日本といわれても寝たきり老人の数はアメリカの5倍もいるといわれています。
    不健康で長生きしても幸せだとは誰も思わないでしょう。

    「健康長寿」でなければ本当の長寿国とはいえないのです。

    健康でなければ好きな事も制限されるでしょうし
    ここで長々と論ずることでもありませんね。


    ●経済が不安定では幸福感も薄れる

    カネがなくても幸せだという人もいます。それはそれでひとそれぞれの考え、
    幸福論で良いと思います。

    しかし僕はそうは思いません。歯が抜けても義歯も入れられず
    食べるのに不自由する生活など嫌ですね。

    そこまで行かなくても経済的に家族の世話になる、いつもお金の心配をしながら暮らすというのもアンハッピィです。

    お金がなかったら稼ぐしかないのです。

    幸いな事に年齢に関係なく稼ぐ方法はあります。


    ●人との繋がり、社会との繋がりを放棄して孤立する老後に幸せはあるのか?

    個人主義といっても自分だけ良ければ良いというのとは違います。

    人間は他人の幸せを見て、より高い幸福間感を得られるという、
    人間だけの特性を持つ動物なのです。

    幾つになっても気の置けない仲間に囲まれ、利害関係のない集まりに誘われる、
    近所の人に外で出会ったら笑顔で立ち話できる、地域社会で何かの役に立てる、
    バツイチや没イチでも新しい出会いを求めて行動する。

    孤立して人との繋がりを失っては幸福感は得られないのではないでしょうか。


    ここで「定年後」の著者 楠木新さんを取り上げた読売新聞の記事をシェアさせていただきます。

    以下引用です。

    人生は後半戦が勝負

    生命保険会社で36年の勤めを終え、あえて再就職などはせず、定年退職者の生活を実体験した。
    同窓会で話を聞いたり、図書館で観察したりといった準備を重ね、第二の人生の生き方を考えた。

    記されているのは、厳しい現実。定年後、生き生きとしている人は半数に遠く満たないだろうという。

    口では「定年後も忙しくて大変」と言っていても、表情に充実感がなく、「会社員時代は良かった」。
    特に男性はひとりぼっちの姿がやけに目についたと振り返る。

    クレーマーになったり、 生活リズムが乱れたり……。

    大企業や伝統ある会社で組織にどっぷり漬かっていた人ほど落差が大きく、
    対応できない人が多いという。

    企業では50歳代の社員に、配偶者との良好な関係形成や健康管理などを教えるセミナーを行うことが多い。

    だが、「それだけでは幸せにならないのが実感だ」と指摘。
    社会とのつながりや居場所作りこそ、充実した毎日の決め手になると強調する。

    そして定年後に急に見つけるのは困難だから、助走期間が必要だ、とも。

    「定年後は60歳からではなく、40歳代後半ないしは50 歳から始まっているのです」


    自身は47歳の時、会社員生活に行き詰まり、体調を崩して長期休職。

    自らを見つめ直し、50歳から、やりたかった 執筆活動と会社員を両立させると決めた。

    「左遷や病気などに遭った人の方が、客観的に見つめ直せる」と語る。

    定年後、自由な時間は8万時間もあるという。まさに「人生は後半戦が勝負」。

    なのに、 何も見つからない人はどうすれば?人生を楽しむ63歳に 助言をもらった。


    「生き生きしている人たちは、小さい頃に好きだったことと今の活動を結びつけていることが多い。
    本当の宝物は、 学生時代や入社後よりも、もっと前に隠れている」

    (引用ここまで)

    ●インターネットで集客する<オンラインMLM>というビジネスモデルは
    人生の後半戦に有力な武器になる


    <オンラインMLM>は「健康」と「経済」と「人との繋がり」、これらを満たすビジネスなのです。


    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)









    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス オンラインMLM

    あじさい


    このことをつい先ほど知人のブログで知りました。驚きです。

    僕がネットワークビジネス界の有名人のひとりである池松耕次氏を
    「さんづけ」で呼ぶのには理由があります。


    池松耕次さんとはニューウエイズで出会いました。

    僕がネットワークビジネスというものに出会い最初に登録した会社が
    ニューウエイズだったのです。
    (ニューウエイズ社は日本での会社名表記を「ニューウェイズ」でなく「ニューウエイズ」と定めています。)

    ここで池松耕次さんのラインに入ったわけです。


    当時の僕は思い出したくもない、人生で最も暗黒の時代でした。

    まさに最悪の絶不調状態でした。


    約10年間続けて来た会社が潰れ夢も自信も信用も信頼も失い
    谷底に転げ落ちたヤル気のない石ころのような気分で毎日を生きていました。

    そんな絶望のなか、ある知人のすすめでネットワークビジネスを知ったのです。


    ●「こんな怪しいビジネス」が「何て素晴らしいビジネス」に

    自暴自棄的状況の中でも最初は防衛本能?が働き、
    心の中では「何じゃこりゃ?この話どこまでほんまなの?」と
    思いながらも他に情熱を傾けられるものもないし金もない、
    しばらくつきあってみるか、そんな感じでした。

    池松耕次さんのセミナーは殆ど毎回出席しアフターのアフター
    (アフター終了後の反省会みたいなもの)まで居残って
    話を聞きました。

    右も左もわからないままに二カ月位経ってようやく
    なんかコレってとんでもない話なんだということに気付きはじめたのです。

    「世の中にこんなものがあったとは!」という感じです。

    池松耕次さんを知れば知るほど、またアップや多くの仲間と出会い、
    池松さんレベルの他のリーダーをも知る中で
    その想いは確信に変わっていったのです。


    池松さんは新米ディストリビューターの僕なんかにも
    本当に親身になって接してくれました。

    たまたま僕は少林寺拳法を修行しており池松さんは学生時代から極真カラテ、
    そんなことも手伝ってかビジネスの話だけでは納まらず
    本当に多くのことを学ばせていただきました。

    しかし北海道の父が亡くなり一人になった母をこちらに連れてきて
    ますます経済状況は悪くなりました。

    ネットワークビジネスを学んだだけですぐに収入が増えるわけでもなく
    そのうちに毎月の製品購入もままならなくなり泣く泣くニューウエイズから離れました。


    ●驚きの再会!なんか小説か映画みたいな現実の話

    その後はまた悶々とした生活に逆戻りしましたが希望はありました。

    ネットワークビジネスをもう一度やってみたい、という想いは捨てきれませんでした。

    何とか工面してやってみようということでしたが、
    ニューウエイズはどうも製品の数が多すぎて
    自分が使ってもいないものまでを他人に薦めるのにちょっと抵抗があったのです。

    そこで出会ったのがシンプルなナチュラリープラスでした。

    登録してセミナーに行くと、な、なんと池松さんがそこにいるじゃありませんか!

    驚きました。自分で選んだわけでもないのにまたしても池松グループに。

    これは運命的な何かがあるんじゃないかと感じ二泊三日の特別トレーニングなんかも
    反対する妻を説得し、ムリして参加し池松さんと旧交を温めたり、とにかく必死に学び行動もしました。

    しかしその後直アップとそのグループがナチュラリープラス離脱で
    まだ自分の結果もパッとしておらずズルズルと離れていきました。


    ●今は人生最大の幸福を感じ人生最大の努力をする楽しい毎日


    ネットワークビジネスの可能性を知りそれなりの努力をしましたが結果は惨敗。

    誰にでも出来る、何の才能も必要ないと言われるネットワークビジネスですが
    僕はそう思いません。

    負け犬の遠吠えかもしれないけど池松耕次さんはじめ成功者を見ていると
    やはり何かの才能があるんだと思っています。

    口コミで伝えるネットワークビジネス、
    僕にはその才能がないしこれから磨いていくには時間がかかり過ぎる。

    恩師池松さんがナチュラリープラスを離れる理由は凄く気になりますが
    それを知ることに今は執着しません。


    ●今、世界が要望したビジネスモデル、それが<オンラインMLM>


    インターネットで集客するネットワークビジネス―<オンラインMLM>、
    これが今僕が取り組んでいるものです。

    今までのネットワークビジネスに必要な目に見えない「才能」は全くいりません。

    ただ、熱情だけは絶対条件です。

    熱情さえあれば努力と結果の因果関係はある程度可視化されます。

    頑張っても結果が出ないとき、
    もっともっとリストアップして根性で口コミしろ、
    ではなくウェブマーケティングをもっとしっかり学べばその原因は見えてくるのです。

    *池松耕次さんからの学び


    自分の夢を叶えるという事は

    自分の夢が叶うだけでなく

    自分の夢が叶う事で

    人々の役に立てるようになる。


    僕は<オンラインMLM>でこの夢を実現します。


    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)





    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス オンラインMLM 池松耕次 ナチュラリープラス ニューウエイズ

    WHAT'S NEW?