Photo Gallery

    業務停止といえば過去にニューウエイズ、最近ではナチュラリープラス、M3が処分を受けています。

    今、核酸のフォーデイズ(FORDAYS)が業務停止処分をうけるのでは?という話を耳にしたので、
    考えてみました。

    フォーデイズといえばネットワークビジネス業界では押しも押されもせぬ大企業ですね。


    ●ひとくちに業務停止処分といってもその内容には二つある

    ひとつは会社が何らかの違法行為をしている、した場合です。

    例えば一般的な会社組織では粉飾決算をする、
    詐欺的商品、サービスを販売する、
    法に抵触するものを製造販売する、
    クルマのメーカーが燃費を過小に申告・発表する、
    などですね。

    不公正な談合、闇カルテルなどの言葉はよく耳にすることがあります。

    法に触れる反社会的な行為、業務をしているということです。

    よく、事件が発覚した時、それは会社ぐるみなのかどうか、ということが問題になります。

    このケースは会社が違法な営業を推進し
    その違法性を社員が知ってか知らずか遂行するということです。

    会社ぐるみというより会社そのものが違法ということです。

    粉飾決算などでヤリ玉にあがる企業の社員などは寝耳に水ということもあるでしょう。
    会社のために真面目に働いていて後ろ指さされるハメになるとは思ってもいないでしょうから。



    もうひとつは会社は健全なビジネスを展開していたとしても
    そのビジネスに関わる者が違法行為を犯すという場合です。

    つまり会社ぐるみではないという場合ですね。

    この場合でも会社に責任は問われます。

    会社は信用、信頼を傷つけられ業務停止処分を受けてしまう。

    まっとうに活動している他の人達にも多大な迷惑をかけることになります。


    どちらにしても会社はイメージダウン、大きなダメージを受ける事になるのです。


    ●ネットワークビジネスには、避けられない構造的欠陥がある


    先述した会社自体が違法である場合は業務停止処分は当然のことでしょう。


    ここではもうひとつのケース、
    会社自体はまっとうでも業務停止処分を受けてしまう場合についてです。


    一般的な会社組織では、社員は会社という特定の場所に集まり
    ほぼ同一の時間を使って業務にあたります。

    日中は一人で活動する外回りの営業でも基本的には夕方会社に戻り
    一日の業務を報告するのが普通でしょう。

    個々の社員には上司がいて常にコントロールされています。

    そこでは毎日上意下達が行われています。


    しかしネットワークビジネスの場合はそういうことはありません。

    ビジネスに参加する時に面接もなければ履歴書を提出する事もない。

    条件を満たすといっても20歳以上、学生以外なら誰でもできるのです。

    会社は顔を見た事もない人にビジネスを託しているということです。

    会員のビジネス活動は、ノルマがある場合もありますが、
    言葉は悪いですが殆ど野放し状態です。

    上意下達といっても会員組織が大きくなればなるほどそれは末端まで届きにくくなるでしょう。

    会員にはどんな人がいるか、把握することはできません。

    毎日上司がコントロールするというサラリーマン組織のビジネスではないのです。

    ネットワークビジネスの魅力の裏側、他人と場所も時間も共有せず自由に活動できるビジネス、
    ここに落とし穴、まさに構造的欠陥があるのです。




    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)










    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス フォーデイズ 業務停止処分

    年輪


    今回は漫才師内海桂子さんの生きざまから学ぶ、人生後半戦の楽しみ方、仕事についてなどをとりあげます。

    「生涯学習」という言葉は聞きますがネットワークビジネスは「生涯仕事」、「生涯ビジネス」といえるものです。

    加齢による肉体の衰えは自然の摂理でしょう。

    肉体労働は若者にかなう訳がないのです。そもそも誰にでもできることは資本主義の中では価値が低いのです。

    高齢といっても頭脳は健在です。生涯続けられる仕事は頭脳労働なのです。

    ここで95歳の現役芸人内海桂子さんの記事を引用しながら書いてみます。

    ◇ ◇ ◇

    以下『~』内は毎日新聞記事より引用しています。

    『今年、95歳になります。
    芸人の世界を見ても、まあ、この年で仕事やっている人は、
    確かに少なくなりましたねえ。

    お陰様で正月明けから漫才の舞台に立たせてもらっていたんですが、
    1月8日のこと。

    自宅前で仕事帰りのタクシーから降りた時に
    何かにつまずいて、すってんころりんと一回転してしまって。
    思わず「痛い!」と、声出してしまいました。

    5日ほど家で養生したけど痛みが取れないので病院に行ったら、
    即入院。

    左の股関節骨折とかで、それからーカ月近くも入院生活を送ることになりました。
    人生でこんなに長い間入院したのは初めてでした。

    手術は簡単でしたが、その後のリハビリが犬変でね。

    24歳年下の主人もずっと病院に泊まり込んでくれたので、
    退屈ではなかったけど、
    やっぱり外でお仕事ができるのがいいわねえ。

    先日、退院して、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)の収録を終えたぱかりです(放送は近日中)。黒柳徹子さんとほ昔からの知り合いでね。2人合わせると満177歳!

    でも、ああ、楽しかった。私は人とおしゃべりするのが大好きで。
    いくつになっても、人さまから何かを求められているというのは、本当にありがたいことです。』


    95歳現役!素晴らしいですね。

    「人さまから何かを求められている」
    それはビジネスの基本だと思うのです。

    世の中が求めるもの、
    ネットワークビジネスにはそれがあります。


    ●高齢者とは何か?そんな線引きが必要なのか?

    社会制度的に未成年、成年、という線引きは必要かもしれません。

    しかし中年や高齢者という分類が必要なのか、疑問です。


    『これまで自分のことを「年寄り」と思ったことはありません。

    幸い大病もせず、いろんな方から「使われ」、
    それに対して「何かの役に立とう」と思って生きてきました。

    95年も生きているとね、他の人は知らないことを知っているものです。

    昭和12(1937)年に日本がどうやって(日中)戦争を始めたか。
    18年には満州に慰間に行って現地を見てきてますからね。

    長く生きてきたものの責任として戦争に限らず、
    人生で経験してきたいろんなことを
    若い人たちに伝える義務があると思います。

    今は便利な機械がたくさんあるけど、
    やはり人間の言葉で教えることが一番でしょう。
    長く生きた人にはそれを伝える義務があるんです。

    ところが今の社会は65歳とか75歳とかになると、
    どんなに元気でも定年にして、
    年寄りにさせてしまっている。

    年寄りも楽をするのが特権みたいなものだと思っている。
    とんでもない話ですよ。

    まだまだ元気で動けるし、若い人の世話もすべきなのに、
    まわりがみんな年寄り扱いして、
    優しく車イスなんかに乗せてあげたりするもんだから、
    自分のことを「年寄りになった」と勘違いしてしまっています。

    体が動かなくなったのなら仕方ないけども、
    65歳とか75歳とかだから「高齢者」というのは、
    私にはさっぱり、わかりませんね。

    どうも今の日本の社会は、
    長く生きた人の能力や経験を奪い取って、
    この世から片付けようとしているような気がしてなりません。』


    年齢を重ねたほどその経験を活かし伝えていく、という仕事がネットワークビジネスです。

    そこには年齢の壁などないのです。


    『最近、ヅイッターをやっています。

    私は小学3年までしか学校には行っていないので
    難しいことはできないけど、
    苦労して生きてきた分、感性だけはあるわけですよ。

    私がつぷやいたことを主人が機械に打ち込んでくれて、
    それを若い人たちが見て、喜んでくれています。

    まだまだ社会と「つながってる」という実感がある。
    そう簡単には、ぼけたりしませんよ。

    【聞き手・森忠彦】』




    人生後半戦ともなると頭脳、肉体、考え方に
    個人差が大きく現れますね。

    年齢をモノサシにしても全く意味がないと思うのです。

    厳しい言い方をすればその差とは
    生きざまによって培われた「人間の質」です。

    95歳でヅイッターですから、好奇心も旺盛ですね。

    そうは言ってもそれなりの年齢で一からパソコンを覚えるのは
    効率的ではないかもしれませんね。

    しかし<オンラインMLM>なら内海さんのように
    フォロワ―さえいればできるのです。

    セミナーに動員したり人に会ったりすることもなく
    完全在宅でできるということです。


    ●ネットワークビジネスは仕事を通じて「人間の質」を高める


    ネットワークビジネスと言う仕事は「人間の質」が低いうちは成功できないようです。

    「人間の質」は真剣に仕事を続けるうちに自然に身につくものです。

    「人間の質」を高めるには日々の努力しかありません。

    継続する力、諦めない心さえあれば
    生れつきの才能など必要としないのです。

    誰にも指図されず生涯楽しみながら続けられる、
    それがネットワークビジネスなのです。



    内海桂子 漫才師

    うつみ・けいこ
    1922年生まれ。東京・浅草で育つ。
    13歳で芸者になり、38年に漫才で初舞台。
    50年に内海桂子・好江を結成。
    最長寿の芸人の一人。
    著書「師匠!」など。
    ツイッター(@utumikeiko)も好評。





    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)







    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス 内海桂子 黒柳徹子 ビジネス 高齢者 年寄り

    海


    ネットワークビジネスには今までの口コミ集客のものと、
    インターネット集客が許されているものがあります。

    どちらにしてもビジネスに参加するためにはチームを選択し
    会員登録しなければなりませんね。

    ここで意外と見落としているのがチームの質、内容なのです。

    紹介者を気にいって入ったら実はとんでもないチームだった。

    チームなんて紹介者のチームに自動的に組みこまれるんでしょ、

    などという感覚ではダメです。

    アップは勿論ですがそれ以上にアップの所属するチームを
    調べなければいけません。

    ●ひとつの主宰企業にいくつものチームが活動している

    製品が素晴らしい、会社が素晴らしい、アップは本当にいい人で…。
    でもちょっとまだ入会はお待ちください。

    ムードに酔って気軽に入会するのはまだ早いのです。

    ネットワークビジネスという初体験のビジネスを
    あなたは一から学んでいかなければならないのです。

    始めはアップのいう事を良く聴いてまねることからになるでしょう。

    ビジネス活動を進めて行くと様々な問題が起こってきます。

    「よくある質問」の答えを見て解決できるようなものだけではありません。

    直アップのレベルにもよりますが神様ではありませんから
    直アップでも手を焼くようなものも当然あります。

    そんなときに何もしてくれない、できないようなチームでは
    成功などおぼつかないでしょう。


    ●正当、正攻法のノウハウと最新の教育システムを持っていること

    チームのリーダーは正当、正攻法のノウハウを持っていなければなりません。

    ネットワークビジネスを正しく理解して実績を上げ、
    それを正確に伝える力を持った人ですね。

    そのようなリーダーが多く集まったチームなら
    信頼して安心してついて行けるでしょう。

    新しく入会するメンバーさんには様々なレベルの人がいます。

    性別も、年齢も、経験も、境遇、現状もみな一人ひとり違います。

    初心者から中級、ベテランまでどんなレベルにも対応できる
    最新の教育システムとノウハウが確立されていることが重要なのです。

    特にインターネットの世界はめまぐるしく常に変化を続けています。

    そんな中で、教育システムやノウハウがあるといっていても
    チームのエグゼクティブ(幹部)が慢心してそれ以上の進化をやめてしまい
    今では使い物にならないということもあるのです。


    ●<オンラインMLM>はリアルの顔が見えないから不安

    「インターネット(オンライン)で集客するネットワークビジネス」、
    これは呼称として長すぎるので僕は<オンラインMLM>といっていますが
    まだまだ一般的ではないようです。

    話がそれましたが、<オンラインMLM>はもじどおり
    インターネットを通じてのコミュニケーションが中心です。
    (リアルでの活動も可ですが)

    これは相手の顔が見えず声も聞こえません。

    この点は対面のコミュニケーションに比べて不利なことは確かです。

    それを補うために少し時間もかかるということです。

    <オンラインMLM>に興味をもったら資料請求し、電話、スカイプで納得するまで話をするということもお薦めします。

    場合によってはリアルに会ってみる、それくらいの気持ちも必要かもしれません。あなたの将来に関わる重大な決断のためには…。

    ●残念ながらやってみなければ本当のところは分らない

    ここまで読んできて、いまごろ酷いことを言うと思われたかもしれません。

    しかし実際のところ、やってみなければ本当のところは分らない、
    なのです。

    特に何も知らない初心者なら新しい世界のことをいろいろ調べようとしても
    限界があるでしょう。


    実は、僕は今しているビジネスの前にひとつ苦い経験をしています。

    資料請求しメールで質問などいろいろやりとりして
    不安もありましたがかなり納得して登録しました。

    最初の1カ月はマニュアルを読んだりインターネットの集客やらなにやら
    勉強したりして過ぎました。

    実際に本気でやり出しましたがほとんどフォロゥがないのです。

    与えられたウェブページは大正時代か?と思われるような陳腐さ。

    「顧客獲得システム」と「最高の教育システム」があると謳っていました。

    騙されたようで腹がたちましたが文句もいわずやめました。

    アップを気に入っていましたがいかんせんチームがダメだったのです。


    でも安心してください。そんな目にあってもネットワークビジネスなら
    カンタンに辞められます。
    ダメなチームだと感じたらさっさと撤収したほうが賢明です。

    その時は少し授業料払って損した気分になりましがそのお陰で少し
    目が肥えたようです。

    その結果今のアップに、チームに巡り合えたと思って感謝しているのです。


    最後に細かい事ですが主宰会社の条件とは別に
    チームで独自に条件を設けている場合があります。

    それがいいか悪いかは分りませんが全ては自己責任です。

    こまかいところまで慎重に検討されることをご忠告しておきます。


    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)







    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス チーム オンラインMLM 成功 ノウハウ 最新の教育システム

    オートバイ


    ネットワークビジネスを正しく理解するには正しい情報と誤った情報を嗅ぎわける必要があります。

    どんな事であれ物事を本当に理解するためにはそれなりの時間がかかるものです。

    たったの1,000や5,000文字の文字情報で全てを理解することはできません。

    中にはその程度の情報でも分るというものもありますが、ことネットワークビジネスに関してはそうはいきません。

    何故ならネットワークビジネスの周りには高濃度の誤解・偏見・思い込みなどによる情報が氾濫しているからです。

    ●人はある事がらに、全くのニュートラル脳で出会うことは難しい

    何かに興味をもって調べ始めた時多くの場合既に何らかの曖昧な情報が多かれ少なかれインプットされています。

    この情報社会ではマスコミや家族、知人、友人、会社で、近所で、情報の渦の中で生活しているのです。

    興味のあるなしに関わらず聞きたい、聞きたくないに関わらず身の周りには情報があふれかえっているのです。

    皆知らず知らずのうちに曖昧な情報に染まっていますね。

    何を言いたいかと言うと全くの白紙 (ニュートラル・中立) で、ある事柄の理解を始めるのは稀だということなのです。

    ●誤解の危険を顧みず例として、敢えてこの話題を取り上げます

    オートバイ、という乗り物があります。

    興味のない人にとってはタダの危険な乗り物と思われていることでしょう。

    オートバイと言えば騒音を撒き散らし暴走族を連想させ、ひとたび事故を起こせば大怪我や死に繋がる、迷惑を撒き散らすこの世にない方がいい反社会的乗り物というイメージがあります。

    しかし、これだけではオートバイを理解したことにはなりません。

    オートバイをほんとうに愛しその利便性を享受して楽しむ人も多くいます。

    オートバイの騒音に毎日悩まされている人、過去に実害(バイク側過失の交通事故やバイクを使ったひったくりなど)に会った人などはこの先を読んでも殆ど理解できないかもしれません。

    ●オートバイを理解するには乗ってみるのが一番

    最も早く理解するには乗ってみることでしょう。

    しかし理解するということは、乗るために理解したい人だけではありません。

    僕は20代前半で免許を取得し20年以上乗ってきました。

    当時は限定免許で「限定解除」の試験をクリアすれば大型バイクにも乗れるというものでした。

    そこで「限定解除」の試験を受けました。

    この試験は社会問題にもなっていた暴走族を増やさないためというものでしたから「落とすための試験」だったのです。

    周りには10回以上落ちたライダーはザラにいましたし中には30回以上というツワモノ(?)
    もいました。

    一発合格で臨みましたが一回目は見事に落ちました。

    問題点を洗い出して1カ月ほど特訓して2回目で合格。

    その時合格者は62人中たったの3名でした。

    発表の後合格者に試験官の講話があり、

    「大型オートバイは陸上の交通で最も安全な乗り物である。

    限定解除を取得した皆さんは、これからは道路交通のリーダ―としてふさわしい運転を心掛け、

    不適切な行為をみかけたら注意し指導するという心構えを持ってもらいたい。」

    なぜオートバイが「陸上では最も安全な乗り物」であるかについては長くなるのでここでは書きませんが、この講話で心のどこかにあったクスブリが一気に解消しました。

    その燻りとはライダー誰もが持っているであろう「バイクは社会の嫌われ者」だという思いです。

    ●物事を理解するにはその一面だけ理解しただけでは正しい理解とはいえない

    何事もどう理解してどう使うかによって大きな差が、場合によっては全く逆の結果が生まれます。

    騒音を撒き散らして暴走すれば悪とみなされるのはあたりまえでしょう。

    そしてその部分だけを見て理解したつもりになり判断をくだすという人は多いものです。

    正しい理解をして正しい使い方をしてはじめてそのもの本来の価値が発揮されるのです。

    包丁は料理にはなくてはならない便利な道具ですが凶器にもなりますよね。

    ネットワークビジネスも正しく理解し正しく判断し正しく活動しなければ幸福を得るどころか胡散臭い商売人となってしまうのです。

    ネットワークビジネスは本来、幸福を追求するビジネスです。

    ここでは「ネットワークビジネスとはいままでにない流通形態で、製品の使用者(消費者)が販売者となって云々」という説明は他に譲って、もうひとつの面にフォーカスして書きます。

    ●ネットワークビジネスは人間社会の原理に合致したビジネス

    社会的動物である人間の世の中は一人では成り立たちません。

    まわりの人々と共に支え合い、仕え合ってこそ共同体は機能します。

    そしてそこに幸福が生れる。

    ネットワークビジネスは「人と共に仕合せになっていく」というビジネスなのです。

    たしかに一人一人の力は小さいものです。

    その小さな力を共通の実現可能な夢に向かって集積していくのです。

    そこに大きな力が生れます。いわゆるWin-Winの、人の集合体=流通組織です。

    その実現可能な夢とは幸福を一緒に掴みとるということです。

    これを理解できず他利を無視して私利私欲の活動をし、多くの人は失敗するのです。

    ネットワークビジネスの本質を理解しないで、うわべの魅力にひかれて始めても「ビジネスとは自分が儲かるもの(ビジネス=自利)」という認識しかないようではダメなのです。

    基本は個人事業主ですがチームプレーや、他のメンバーとどう連携していくのか、見込み客にどのような思いで接するのかということが重要なポイントなのです。

    単なるセールスではなく昨日の見込客が今日のビジネスパートナーとなるからです。

    そういったことがうまく行き組織が拡大してゆくと小さな歯車の力がやがて大きな歯車に伝わるようになるのです。

    そこで初めて人と共に幸福を得られるというビジネスなのです。

    つまり、他利によって自利が生ずるということではないでしょうか。

    いままでは会員数を増やす事に力を入れるあまり、ネットワークビジネスの特質のひとつ「人と共に幸福を得るビジネス」を教育、PRすることが疎かにされてきたように感じています。

    ●ネットワークビジネスを本当に理解するには正しくやり続けること

    ネットワークビジネスをやる前に理解するといっても限界があります。

    すでにやっている人でもそのレベルによって理解度は違うのです。

    ネットワークビジネスをやる前に理解すべき大切なことは、「流通形態が今までにないもの、小資本で誰でもできる~、云々」の仕組みだけでなく、「共生して我も人もの幸福を追求するビジネス」だということです。

    「人は一人では生きていけない」という原理原則に則った「人と共に幸福になる」ビジネスなのだということを理解すれば間違った情報などに惑わされることなく胸を張って取り組めるはずです。

    そしてビジネスを通して人間力が磨かれます。人と共に分かち合う幸福は「自分だけ良ければよい」ではだめで、人の道を追求する精神からしか生れないのです。

    「個」の権利収入をしっかり掴むためには他者を思いやり、調和協力して「集」の力を呼び込むということです。

    他利なくして自利なし。

    ネットワークビジネスとはこういった本質を真に理解せずには成功できないものなのです。



    最後までお読みいただき有難うございました。



    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが!
    さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!


    クレカフラグ


    ●動画をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓
    トレモアメインS


    もっと詳しい情報はココからどうぞ。


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ!
    ※合言葉は「天使」とお書きください!
    詳しくお伝えします!

    ↓↓↓↓↓↓
    友だち追加




    ★<オンラインMLM>についてもっと知りたいかたは
    こちらから資料請求してください

    誰かに指図されて生きる人生より、
    自分の思うがままに生きる人生の方が
    最高にエキサイティング!

    (ゲイリー・ヴェイナチャック)







    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス 理解 誤解・偏見・思い込み オートバイ

    富士山


    ネットワークビジネスとは何か?

    「今までにない流通形態で云々」という解説は他に任せて、ここでは別の視点から考えてみます。

    「人は一人では生きていけない」と言う言葉は広く知れ渡っていますね。

    この言葉に異論を唱えるのはよっぽどの歪んだ個人主義者かアウトローでしょう。

    ところで、現代社会においては様々な事情から一人で生活せざるを得ない人も増えています。

    他人に関わらず自分一人でも生きていけるようについ思ってしまう。

    そんな世相を巧みにビジネスに活かそうというプランも多々あるようです。

    一人では入りづらかったお店でも気軽に入れて快適に過ごせるようにリニュアルしてお客を呼び込もうとしています。

    スーパーやコンビニでも一人用の食材や惣菜が売れています。

    独身者や一人暮らしのお年寄りには好評でしょう。

    もともとは家族も親しい友人もいないネガティブなイメージだった「一人でいる」ことが、今では誰にも縛られずに自由気まま、一人でも別にいいじゃないか、という開き直った気分に感じとられる時代です。

    それだけ世の中に一人で生活している人が増え社会が無関心でいられなくなったということでしょう。

    ●ネットワークビジネスは人間社会の原理に合致したビジネス

    しかし人間の世の中は決して一人では成り立たないのです。

    廻りの人々と共に支え合い、仕え合ってこそ共同体は機能するのだといえるでしょう。

    そしてそこに幸福が生れる。

    ネットワークビジネスは「人と共に仕合せになっていく」というビジネスです。

    たしかに一人一人は個人事業主ですが他利を無視した私利私欲の活動ではだいたいが失敗します。

    ネットワークビジネスのキモを理解しないでイージーに始めてもほとんどの人は「ビジネスとは自分が儲かる事」という認識しかないのです。

    個人事業主でありながらチームプレー、他のメンバーとどう連携していくのか、ということが重要なポイントなのです。

    それがうまく行き組織が拡大して初めて人と共に幸福を得られるビジネスなのです。

    会員数を増やす事ばかりに力を入れてネットワークビジネスの特質のひとつ「人と共に幸福を得るビジネス」を教育することが疎かにされてきました。

    ●ネットワークビジネスを本当に理解するには

    ネットワークビジネスを真に理解するためには本当のところやってみなければわかりません。

    しかしやる前に理解できる、やりながら理解できるという事もあります。

    ネットワークビジネスをやる前に理解すべきことは、冒頭でもちょっと触れましたが「流通形態が今までにないもの、小資本で誰でもできる~、云々の知識だけでは片手落ちなのです。

    「人は一人では生きていけない」という原理原則に則った「人と共に幸福になる」ビジネスなのだということを理解してください。

    だから上っ面のトークが上手とか人あたりがいい、ちょっとセールススキルがあるなどというだけで自分のことしか考えないやり方では長続きしないのです。

    ビジネスを通じての新たな出会い、与え、与えられる共生の喜び。

    ビジネスを通じて磨かれる人間力。そして人と共に分かち合う幸福も大きな魅力なのです。

    いわゆる権利収入の魅力だけで始めても、ネットワークビジネスのこういった本質を理解しなければなかなか成功はできないのです。




    人を幸せにして自分も幸せになるビジネスなんて、…あります!!!


     


    ●クレジットカード決済で20%キャッシュバックが! さらにこの情報を伝えてボーナスをゲット!
    クレカフラグ 

    ●動画をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓ トレモアメインS 


    ●LINEで繋がれば生きた情報が今すぐ! 
    ※合言葉は「天使」とお書きください! 
    詳しくお伝えします! 
    ↓↓↓↓↓↓
     友だち追加 




    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Tag:ネットワークビジネス 権利収入 幸福 幸せ

    WHAT'S NEW?